トラフ 建築。 作品でできた街を巡って、トラフ建築設計事務所の思考を「体感」しよう

電気工事で使うダクトとトラフは同じ物なのですか?

建築だけでなく、プロダクト制作などの広い活動幅 Via : /写真:志鎌康平 元々、小さな頃から図画工作が好きだったという鈴野氏。 紙という二次元の素材から、建築家の視点を持ち込むことで三次元の作品を作り出せないかというアイデアに基づいて制作されたこのプロダクトは、紙でありながらも強度を持って自立し、空気そのものを持っているような感覚を味わえる器です。 そう考えると、家具メーカーと長く付き合っていけば、彼らと一緒につくった家具を、次回以降の物件でリファインしていくことだってできるわけです。 立場の違う人と一緒に仕事をすることで、アウトプットがぐにゃっと違うところに着地するのが面白さですね」 シンプルな回答で世界を変える 最初は一回限りだったはずが、現在では30ものプロジェクトを同時に進行させているトラフ建築設計事務所。 鈴野「インスタレーションの会場設計を考えるときにも、模型を作って考えてたんです。 403• 一定のルールや規則をもったものを持ち込むことで、対象となるものの特徴に気づく。 この敷地条件から、斜線規制よって決定される最大ヴォリュームの中で、間口方向を圧迫する廊下を極力なくすため、玄関および階段を中央に設け、南北に寝室ゾーンとパブリックゾーンとを分割する平面形を基本構成とした。

>

トラフ建築設計事務所・鈴野浩一が語る、今とこれからの「アドリブ」のあるデザイン。

谷川は年を重ねることを木の年輪のようにとらえ、自分の内に子どもの存在を見ています。 その様子はまさに一意専心。 広大な彫刻庭園内の一角にある同施設では、1階にカフェ、2階にギャラリーがあるのに対し、室内で休憩できるスペースが不足していたので、2階に休憩と展示を両立するスペースが求められたという。 「図面を書き、作る人に伝える」。 六本木通りに面した繁華街からもほど近い場所に100年続くガラス屋さんがある。 「僕らも毎日工場で色々と考えてはいますが、そこで見落としていたことに、彼らは新しい価値を見出してくれる。 共同主宰。

>

インタビュー/トラフ建築設計事務所 |ワコムタブレットサイト|Wacom

2011年のミラノサローネでは、建築資材の水糸を使った光のインスタレーション、キャノン「NEOREAL WONDER」が話題に。 その可能性を探りたい」。 特別顧問の安藤忠雄さんをはじめ、SANAAの妹島和世さん、アトリエ・ワンの塚本由晴さん、建築評論家のエルウィン・ビライさんと、そうそうたる顔ぶれが現在の運営委員を務め、注目度の高い建築情報を発信しています。 〒142-0062 東京都品川区小山1-9-2-2F T : 03-5498-7156 F : 03-5498-6156 E : U : 鈴野浩一(すずの こういち)と禿真哉(かむろ しんや)により2004年に設立。 その模型に対して、このハンディプロジェクターを使って光を当ててみるんです。

>

トラフ建築設計事務所が改修を手がけた 箱根彫刻の森美術館内の「丸太広場 キトキ」

建築家「家具は空間のためにデザインされるべきではないか」 かつてル・コルビュジエやアルヴァ・アアルトが、自ら設計した建築にふさわしい家具をデザインしたように、「家具は空間のためにデザインされるべきではないか」。 鈴野「禿とは面識があるぐらいだったんです。 その場でも発想するようにすることで、見えてくる姿を大切にしているのだ。 電技で言うところの低圧屋内配線工事の金属ダクト工事の金属ダクトは幅が5cmを超え、厚さが1. 規模に関わらず設計の姿勢はいつでもフラットで「 そこを敷地にして、ものの魅力を引き出す」ことを最大限考えているように思えます。 本アプリでは月刊誌『新建築』の配信の他、弊社が制作するさまざまなコンテンツを発信していきます。 コンテンツは十分あるんです。 鈴野知らなかった! 六本木のどこ? 禿芋洗坂。

>

芦沢啓治☓トラフ建築設計事務所☓ノームアーキテクツ☓カリモクによる展覧会 テーマは「空間から家具を考える」

一度開発した型を生かして色のバリエーションを展開したり、同じようなディテールを繰り返し使ううちに、オーダーメイドとは違う、その建築家の独自のスタンダードをつくっていったのだと思います」と説明する。 鈴野「葛西さんのカレンダーはすごくシンプルで、大きさもちょうどよくて、皆で書き込んでスケジュール管理するのに便利なんです。 作るものが小さくても大きくても、建築的な視点を通して考えることに変わりはなくて、デザインを考えるときにはいつも、敷地を見つけるところから始まります。 僕はことばで子どもになれる」と、谷川はいいます。 そこで培った高精度の技術と素材のノウハウを生かし、1962年には自社の国産家具ブランドを立ち上げた。 低圧配線工事の金属ダクト工事のダクトは、絶縁電線を保護するためのダクトですが、高圧屋上配線工事のダクト(トラフ)はケーブルを防護するためのダクトです。 ちひろより13歳年下の谷川は、ちひろの生前からその絵を知っていましたが、子どもがかわいくて甘い感じを警戒していたといいます。

>

トラフ建築設計事務所

鈴野「『空気の器』というプロダクトをつくったときに、それを入れて持ち歩くフォルダーを探していたんです。 そしてファミレスが舞台で、ふわふわして浮いているような場所なんだというイメージがわかり、その場でスケッチを描いてみると気に入ってくれたんです。 かみの工作所と製作した紙の器「」は、いろいろなアーティストとコラボレーションしたり、国内ミュージアムショップで見かけないことがないほどの大ヒットプロダクトです。 その制作過程において、試作品やプレゼンの時の持ち運びに役立ったのが、このFAVIRIANOのフォルダーでした。 98年横浜国立大学大学院工学部建築学専攻修士課程修了。 六本木への視点が変わるオリジナルマップ。 三角州のようなY字に分かれるあたりの一帯に、公園と名付けたスカスカの構造体を建てるという. 全部自分のところで完結しようという考え方はもうオーバーしていて、大型施設に全部が入っているというより、特徴のある小さな拠点ともつながって、街全体をみんながシェアしていけるほうがいい。

>

芦沢啓治☓トラフ建築設計事務所☓ノームアーキテクツ☓カリモクによる展覧会 テーマは「空間から家具を考える」

環境を全否定するのではなく、いまの環境がより良く見えるようなものを作っていけるかどうか。 プロダクトなどもともと敷地のないプロジェクトでも建築的に考えていくには、まず敷地を想定して、与えられた条件に問いを立て、その問いに解答を与えていきます。 鈴野地図といえばもうひとつ、イギリス人デザイナー、ヴァハカン・マトシアンがロンドンを拠点に展開している「フルーツシティ」というソーシャルプロジェクトがあるんですけど、公共の公園や道路に実っている食べられるフルーツをマッピングし、そのフルーツの活用法や採るための道具なども提案していて面白いんです。 現在TOTOギャラリー・間では、 鈴野浩一さんと 禿(かむろ)真哉さんが2004年に設立した建築家ユニット・ の個展を開催中です。 鈴野「最初に『フリータイム』という作品の舞台美術を担当したときは、最初に台本だけ渡されたんです。

>