白羽 の 矢 が 立つ。 「白羽の矢が立つ」は良い意味ではない!?喜べない言葉の由来とは?

知りたくなかった…「白羽の矢が立つ」という言葉の怖ろしい語源(週刊現代)

つまり、元来、「白羽の矢が立つ」という言葉は「犠牲として選ばれる」というイメージを持った言葉であったわけです。 神様の怒りを沈めるために、川や池に人を沈めて捧げること人身御供の儀式。 ついには、枕元にメモ帳を置いて寝ないと心配でたまらない状況に陥りました。 これが白羽の矢の原型ですね。 ああ、気が重いなぁ」 B子「なんか喜びづらいわね…」 大抜擢といえばとても嬉しい事ですが、 立地やプレッシャーを考えると、 本人にとって あまりいいものではなかったという例になります。 現在は悪い意味合いだけでなく良い意味合いとしても使われることがありますが、相手が本来の悪い意味合いとして解釈することも考えられます。 ヤマタノオロチをはじめとした人身御供の伝説が語源 「白羽の矢」の言葉は、ヤマタノオロチの伝説などにおける「人身御供」が語源であると言われています。

>

白羽の矢が立つの意味とは?語源や使い方を紹介!誤用にも注意

自分が経営者としてマネージメントする側にになってわかったことですが、 若いうちに登用されるということは能力があるからではなく、期待に応えようとする気持ちがあり、期待を汲み取ろうとする力があるからなのではないかと思っています。 」という妙なニックネームを持つ私ですが、ITの世界とは一切関係ない、教育と福祉というバックグラウンドを持ち、国際会議のコーディネータとして社会人生活をスタートしました。 他に適任者はいないことから、やむを得ず白羽の矢が立てられることになった。 良い意味・悪い意味、どちらの意味で「白羽の矢が立った」のかを考えることで、自分自身の受け取り方も変わってくるのではと思います。 極限の状況に陥った私を救った方法は、質問魔になることでした。 当然、実際に神が人を選ぶわけではないから、村の代表者による合議によって決めていた。 ニックネーム 番組内で使用します• 2001年に株式会社ウィズグループを設立、代表取締役に就任。

>

【シリーズ・都市伝説】犠牲者の目印「白羽の矢」

実は「 犠牲者」として選ばれるという意味合いがありました。 そして社に白羽の矢が立っていたとか。 「白羽の矢が立つ」は本来、「犠牲者として選ばれた人物」という恐ろしい意味で使われていたのだ。 相手に意図をより正確に伝えるためには、類語・言い換え表現なども交えた適切な使い分けをしていくのがよいでしょう。 何せ厳選に厳選を重ねた結果、 選ばれたわけですからね。 入社後すぐ全ての仕事をきちんとこなせる新人はなかなかいません。 ) The manager was selected from among many people. 白羽の矢が立ったのは、医局で研究に従事していた俊一だった。

>

白羽の矢が立つとはどういう意味?その類語や使い方と例文は?

しかし、 今では悪いことだけでなく、 良いことにも使われます。 このように白羽の矢が立つ、という慣用句は 認められて選ばれるという、 よい意味での使い方が多いです。 なので、白羽の矢が立つ、が ありがたいことという意味もあったのでしょう。 むしろ、その語源を辿って正確に解釈すると、「白羽の矢が立つ」ことは、きわめて悲劇的な意味合いを持つのだ。 つまり、 妖怪をも滅亡させるほどめっぽう強い犬 のことを「めっかい犬」と呼んでいたようです。 そして生贄として選ばれる少女の家の屋根には神様が目印として白羽の矢を立てた。

>

【白羽の矢が立つ】の例文集・使い方辞典

今では単純に選出されるという意味にも使いますし、名誉な役職であればおめでたい、喜ばしいことという表現にも使われるようになりました。 情報処理推進機構 IPA の未踏IT人材発掘・育成事業の審査委員、「IT人材白書」委員をつとめイノベーティブな若い世代のチャレンジを支援している。 参考:日本大百科全書 ニッポニカ むかし福島のある村では、家の屋根に 白羽の矢が立つと、その家の娘を鎮守様に捧げなければならないという掟がありました。 英語で表現するなら「to be selected from among many people」ですから大勢の中から選ばれるとなって良い意味でも悪い意味で使える表現になっています。 矢といえば刺さるものなので、気持ちはわからなくはありません。 例えば、 「10人の中から厳選されて選ばれた」 「老若男女の中から投票で選ばれた」 といった感じです。 なんといっても25年前の予算総額二億円の会議ですから。

>

【白羽の矢が立つ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

だが、ファミリーの顔ぶれは既にFBIに知るところとなっている。 また、「 お鉢(はち)が回る」とは、 「 面倒な役割が回ってくること」ですね。 まあ、普通の感覚では池や川に投げ込まれるのが ありがたいわけではないのですが そうでも言わないと逃げ出してしまいますからね。 スポンサーリンク 白羽の矢が立つの使い方・例文 最後に、「白羽の矢が立つ」の使い方を 例文で確認しておきましょう。 もしもこの問題が国語のテストなどで出題されたら、 引っかからないうように注意が必要ですね。 ここから、いけにえや犠牲となる人として選ばれることを「白羽の矢が立った」と言うようになったようです。 ですが、現代ではこの表現は、どちらかというとコンクールに選ばれる時にも「彼に白羽の矢が立つ」と言うように良い意味で使われるようになっています。

>