関屋 記念。 競馬

【関屋記念2020】出走予定馬・予想オッズ/長い直線にドラマが

(2020年). 三番手評価に トロワゼトワル。 トロワゼトワル(三浦皇成)• 前走オープン特別• 施行距離は当初右回り芝2000m(内回り)だったが、1970年から右回り芝1800m(内回り)に、1975年から右回り芝1600m(外回り)に変更された。 こちらも父・母父ともに注目したいですね。 スポーツ紙や専門紙では、本命、対抗等の印は出すものの、具体的な買い方については明言せず、もしくは目立たぬように端の方に小さく載せているだけ。 超のつく高速馬場でこそキャラが立つと仮定すれば、さほど気にする必要もあるまい。

>

【関屋記念2020】出走予定馬・予想オッズ/長い直線にドラマが

夕刊フジで関屋記念2020の予想と有力馬評価が 公開されましたので早速、見てみましょう。 9 第17回 1982年8月8日 新潟 1600m メイジタイガー 牡5 1:34. 有力馬で今回斤量減になるのは アストラエンブレム、クリノガウディー。 これが夏競馬を席巻している『価値ある情報』 グロリアの『関屋記念』は必見です! グロリアでは ・本物の人材 ・高度なデータ分析 ・独自の情報 これらを確保することで 『価値ある情報』を提供することが出来ています。 前走中京記念組は毎年6頭以上が出走しています。 は1995年から、所属馬は1996年から出走可能になったほか、2005年からはの出走も可能になった。 外枠が圧倒的有利と言われるアイビスサマーダッシュ(G3)の「8枠」ですら、過去10年で4勝ということを考えれば、関屋記念の7枠は驚異の成績ということが分かるだろう。

>

細江純子の関屋記念2020|人気馬に不安なここはあの馬から【プロ予想家の見解】

中盤までの走りは良かったが、徐々に首と四肢の連動性が悪くなり、ペースダウン。 ハーレムライン(木幡巧也)• 9 アストラエンブレム 小島 ダイワメジャー ブラックエンブレム シルクR ノーザンF 谷川岳1 9. (索引番号:19095)• 1着に斤量減、2着に同斤量(前走5着以内)の馬が入ることが多い• 収得賞金2400万なので除外の可能性もあるが、出走できればかなり面白い。 2015年8月10日閲覧。 0 ジャンダルム 藤井 池江 キトゥンズジョイ ビリーヴ 前田幸治 ノースヒルズ ダービー卿10 64. それでもトロワゼトワルがいるのでスローの瞬発力レースになる可能性が低いことは良い。 ブラックムーン(吉田豊)• 2 有 第23回 1988年8月7日 福島 1200m ヒシノリフオー 牡6 1:10. 2 株 第7回 1972年10月15日 新潟 1800m 牡6 1:49. 良~稍重の過去10年で最も時計を要したのは10年の1分32秒9。 8 岡部幸雄 藤沢和雄 駒井孝男 第38回 2003年8月3日 新潟 1600m オースミコスモ 牝4 1:31. ご購読は以下のリンクよりお進みください。

>

【関屋記念】絶対的スピード持つトロワゼトワルが高速馬場で圧逃!

中穴ゾーンである4~6番人気は、1~3番人気と互角以上に張り合うという大活躍を見せている。 2着のウインガナドルとは0秒2差とあまり差のない結果です。 そのため雨の影響がある馬場はプラス。 あとは、実戦で気分を損ねず運べるかどうか。 8月16日に新潟競馬場で開催され発走時刻は15:45です。 6~7歳の高齢馬もそれなりに馬券絡みしており、昨年は6歳馬のワンツー決着だったが、全体的には5歳以下の若い馬のほうが好成績といえる。 的中実績と共に、予想家の1部をご紹介いたします。

>

【関屋記念2020】出走予定馬・予想オッズ/長い直線にドラマが

いずれもコース適性の高さはかなりのもので、今年の関屋記念でも大いに期待がもてる。 あとは、10~12番人気の複勝率も意外に高い。 (索引番号:19071)• 数分待っても受信しない場合は迷惑メールに入っている可能性が高いです。 上位人気に推されるのはおそらく、プリモシーン、サトノアーサー、アストラエンブレムあたり。 6 増沢末夫 新田知也 第26回 1991年8月4日 新潟 1600m 牝4 1:34. 6 吉村敏治 第47回 2012年8月12日 新潟 1600m 牝4 R1:31. 2019年8月13日閲覧。

>

関屋記念【2020年8月16日新潟11R】

スタート後の直線が長いため前半はややペースが速くなりやすいのが特徴。 (索引番号:20095)• 元騎手という立場から鋭い視点で予想を展開してくれる 細江純子さん 細江純子さんが推した穴馬が馬券に絡むと テレビで話題になっている凄腕の予想家としても知られていますが そんな細江さんの予想を今週も期待したいですね。 指数的に上位よりやや劣るゾーンの期待値が異様に高いレースと言えるのだ。 3秒差まで追い込んでおり、前走の【京王杯SC】は3着の競馬とスピード能力の高さを示した。 昨年、ディープインパクト産駒のミッキーグローリーが制したことで、同産駒は一昨年のプリモシーンに続いて連覇を達成。 前走の関越S(OP)で初めて逃げの手に出たプロディガルサン。

>