ハイゼンスレイ ii。 ジム・クゥエル

1/144 完全変形 ハイゼンスレイⅡ ギミック紹介2(ラー形態)

各所の可動域と合わせ、戦闘状態のアクションポーズを再現可能。 腰部前面には高出力のハイブリッド型ジェネレーター、両肩のユニットにはコ・ジェネレーターを内蔵し、それらを利用した大推力によって無理やり機体を飛行させている。 決戦兵器の中核となるべく開発されていたが、「機種統合計画」も同時に達成したの開発によりコアMSの座は譲っている。 追加装備・ユニット [ ] 各形態専用の装備・ユニットは各形態を参照。 巨大な3枚の「翼」を持ち、展開することでも可能とされる。 なお、同時期には 1機を保有している。 ベース機としては信頼性が高くティターンズ専用機として各部隊に配備されており、メンテナンス時のパーツの互換性の高いことからジム・クゥエルが選出された。

>

1/144 完全変形 ハイゼンスレイⅡ ギミック紹介1(MAへの変形)

その鋭角的かつトリッキーな挙動は、模擬戦、実戦を問わず良好な性能を示したが、同時に数々の欠点も表面化させていた。 ラー形態のMAのかっこよさに自分でもしびれました。 クロー中央部にビーム発生器を装備しビームサーベルとして機能するほか、ブレードと接続することでビームキャノンとしても機能する。 クロー・ユニット(左肩はスラスター・ユニット)、マルチアームユニット、肩メガ粒子砲、ウインチキャノンを装備した複合武装になります。 腕に干渉しやすく、可動範囲も狭まっているのであまり派手に動かす事はできません。 また膝もあまり曲がりません。 また肩の後ろ側にはマルチアームユニットが接続されそちらのアームに クロー&スラスターユニットと強化型ウィンチキャノンが接続されています。

>

HG ガンダムTR

また、下部のウーンドウォートのサブ・アームでなどを保持する。 腰にそのままのデザインの部分が。 目的地上空では手足を展開した中間形態に変形、人型かつ空中戦も可能なバランスのよい形態とされる。 少し左右にも可動。 計画では人体実験により幾人もの犠牲者を出したとされるが、真偽のほどは定かではないとしている。 こちらは付属のスタンドを使ってディスプレイが可能。 開発当時はビーム兵器が一般的となりつつあったため、その効果を疑問視する意見もあった。

>

1/144 完全変形 ハイゼンスレイⅡ ギミック紹介1(MAへの変形)

Z Re-Boot』で "BUNNyS" および「 3号7式OS(換装プログラム)」の名称が付けられ 、「OVER THE MIND」計画が本OSの開発を目的とすることが明文化された。 これは肩関節の動きを補助するもので、これにより肩関節の強度は大幅に増大することとなった。 残るユニットは、轟沈するアスワンと運命をともにしている。 エゥーゴが掌握したコロニー・レーザーが発射される直前のことであった。 シール使用箇所は頭、背中、肩、脚。 通信時にはブレード・アンテナがのちののように左右に展開してガンダムタイプとなり、敵だけでなく味方にも大きな心理的影響を与える。

>

HGUCガンダムTR

またガンダムTR-1はフルドド2機を前後に接続することも可能であり、その運用時はMAにも匹敵する火力、加速性能を発揮する。 フルドドIIを取り付けて疑似ラー。 。 武装やその他オプションは1号機とほぼ共用で、同様に胴体前面に増加装甲を装着することでフルアーマー形態となることも可能である。 ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ] [ ] ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]は、で得られたノウハウを元に強化されたガンダムTR-1の最終発展型である。

>

ハイゼンスレイII・ラーのラー予約・30分・在庫切れが話題

[ウーンドウォート・ラー2] や[ウーンドウォートラーII](なし) の表記も見られる。 火星に住むジオンの残党組織レジオンの総帥であるアリシア・ザビの専用機。 『ティターンズの旗のもとに』本編で唯一活躍した形態である(および)については、本作は悪役である側の物語であるため、ヒーロー物のお約束である主人公と対の影となる、または悪の組織が作った主人公の偽物といった感じを意図したという。 ヘイズル・フレアを素体に、専用の強化パーツを装備している。 Z Re-Boot』が初出。 蛇腹状アームを前腕に取り付け、付属のリード線を接続することで有線攻撃シーンの演出が可能です。 マルチアームユニットは各部がフレキシブルに可動します。

>