金沢 大学 医学部 附属 病院。 センターについて|金沢大学附属病院先端医療開発センター

金沢大学附属病院 看護部

認定病院• 25閣議決定)」,「特別の法律により設立される民間法人の運営に関する指導監督基準(H14. 野町駅から(富光寺・野々市車庫・有松方面から) 路線番号 行先 下車停留所 所要時間 43 「金沢大学附属病院」、「北陸大学」など 「」、 「小立野」(北陸銀行前) 約25分 15 「北陸大学太陽が丘」、「辰巳丘高校」など 東金沢駅から(柳橋・鳴和・橋場町方面から) 路線番号 行先 下車停留所 所要時間 83 「平和町」、「金大附属学校自衛隊前」 「」、 「小立野」(北陸銀行前) 約20分 バス(金沢ふらっとバス) 菊川ルート• 教授 専門分野: 腫瘍、免疫核医学 、アイソトープ内照射治療 特任教授(寄附講座 機能画像人工知能学) 専門分野: 心臓、消化器、機器 SPECT、PET 、データ解析、ソフト開発 准教授・病院臨床教授 専門分野: 心臓、 骨軟部腫瘍、 小動物分子イメージング、肺 講師 専門分野: 甲状腺、アイソトープ内照射治療 講師 専門分野: 甲状腺、アイソトープ治療 助教 専門分野: 特任助教(寄附講座 機能画像人工知能学) 虎谷 文音 (Toratani Ayane) 医員 赤谷 憲一 (Akatani Norihito) 医員、大学院生 山瀬 喬史 (Yamase Takafumi) 医員、大学院生 國田 優志 (Kunita Yuji) 医員、大学院生 医員、大学院生 高田 亜希 (Takata Aki) 医員 医員、大学院生 医員、大学院生 陳 卓勍 (Anna Chen) 研究生. 役員 役員 令和2年10月1日現在 金沢大学長 山崎 光悦(やまざき こうえつ) 任期 令和2年4月1日から令和4年3月31日まで 学歴 【出身大学】 金沢大学工学部機械工学第二学科昭和49年卒業 【出身大学院】 金沢大学大学院工学研究科修士課程機械工学専攻昭和51年修了 【取得学位】 工学博士 主な職歴 昭和51年4月 金沢大学助手(工学部) 昭和58年8月 金沢大学講師(工学部) 昭和60年6月 金沢大学助教授(工学部) 平成6年7月 金沢大学教授(工学部) 平成14年7月 金沢大学学長補佐(平成16年3月まで) 平成16年4月 金沢大学教授(大学院自然科学研究科) 平成16年5月 金沢大学学長補佐 平成18年4月 金沢大学学長補佐(キャンパスインテリジェント化担当)(平成19年3月まで) 平成19年4月 金沢大学学長補佐(広報・キャンパスインテリジェント化担当)(平成20年3月まで) 平成20年4月 金沢大学教授(理工研究域機械工学系) 平成20年4月 金沢大学学長補佐(広報担当)(平成22年3月まで) 平成22年4月 金沢大学理工研究域長(平成24年3月まで) 平成24年4月 国立大学法人金沢大学理事(研究・国際担当)/副学長 平成26年4月 国立大学法人金沢大学長 理事(総括・大学改革・附属病院担当) 大竹 茂樹(おおたけ しげき) 任期 令和2年4月1日から令和4年3月31日まで 学歴 【出身大学】 金沢大学医学部医学科昭和52年卒業 【出身大学院】 金沢大学大学院医学研究科博士課程昭和58年修了 【取得学位】 医学博士 主な職歴 昭和58年4月 金沢大学助手(医学部) 昭和60年6月 金沢大学助手(医学部附属病院) 昭和60年7月 金沢大学助手(医学部) 昭和61年5月 恵寿総合病院 医師 昭和63年5月 金沢大学助手(医学部附属病院) 平成元年4月 金沢大学助手(医学部) 平成3年7月 金沢大学講師(医学部附属病院) 平成9年4月 金沢大学助教授(医学部附属病院) 平成10年4月 金沢大学教授(医学部) 平成17年4月 金沢大学教授(大学院医学系研究科) 平成20年4月 金沢大学教授(医薬保健研究域保健学系) 平成22年4月 金沢大学医薬保健研究域保健学系長(平成26年3月まで) 平成22年4月 金沢大学医薬保健学域保健学類長(平成26年3月まで) 平成26年4月 金沢大学共通教育機構長(平成28年3月まで) 平成28年4月 金沢大学教授(国際基幹教育院GS教育系) 平成28年4月 金沢大学国際基幹教育院長(平成30年3月まで) 平成28年4月 金沢大学副学長(教育改革担当)(平成29年3月まで) 平成29年4月 国立大学法人金沢大学理事(基幹教育改革・附属病院担当)/副学長(平成30年3月まで) 平成30年4月 国立大学法人金沢大学理事(基幹教育改革・財務・附属病院担当)/副学長(令和2年3月まで) 令和2年4月 国立大学法人金沢大学理事(総括・大学改革・附属病院担当)/副学長 理事(教育・高大接続担当) 青木 健一(あおき けんいち) 任期 令和2年4月1日から令和4年3月31日まで 学歴 【出身大学】 京都大学理学部昭和52年卒業 【出身大学院】 京都大学大学院理学研究科博士課程昭和57年研究指導認定退学 【取得学位】 理学博士 主な職歴 昭和57年9月 京都大学助手(基礎物理学研究所) 平成4年4月 金沢大学助教授(理学部) 平成9年5月 金沢大学助教授(大学院自然科学研究科) 平成12年4月 金沢大学助教授(理学部) 平成13年3月 金沢大学教授(理学部) 平成16年4月 金沢大学教授(大学院自然科学研究科) 平成20年4月 金沢大学教授(理工研究域数物科学系) 平成21年4月 金沢大学総合メディア基盤センター長(平成26年3月まで) 平成26年4月 金沢大学大学院自然科学研究科長(平成28年3月まで) 平成28年4月 金沢大学理工研究域長(令和2年3月まで) 平成28年4月 金沢大学理工学域長(令和2年3月まで) 令和2年4月 国立大学法人金沢大学理事(教育・高大接続担当)/副学長 理事(研究・社会共創担当) 和田 隆志(わだ たかし) 任期 令和2年4月1日から令和4年3月31日まで 学歴 【出身大学】 金沢大学医学部医学科昭和63年卒業 【出身大学院】 金沢大学大学院医学研究科博士課程平成4年修了 【取得学位】 博士(医学) 主な職歴 平成13年4月 金沢大学助手(医学部) 平成17年4月 金沢大学講師(医学部附属病院) 平成18年4月 金沢大学助教授(医学部附属病院) 平成19年4月 金沢大学准教授(医学部附属病院) 平成19年9月 金沢大学教授(大学院医学系研究科) 平成20年4月 金沢大学教授(医薬保健研究域医学系) 平成28年4月 金沢大学学長補佐(研究戦略担当)(平成30年3月まで) 平成30年4月 金沢大学医薬保健学域医学類長(令和2年3月まで) 平成30年4月 金沢大学副学長(研究力強化・国際連携担当)(令和2年3月まで) 令和2年4月 国立大学法人金沢大学理事(研究・社会共創担当)/副学長 理事(企画評価・情報担当) 山岸 雅子(やまぎし まさこ) 任期 令和2年4月1日から令和4年3月31日まで 学歴 【出身大学】 奈良女子大学家政学部住居学科昭和55年卒業 【出身大学院】 奈良女子大学大学院人間文化研究科博士課程昭和62年修了 【取得学位】 学術博士 主な職歴 平成3年5月 金沢大学講師(教育学部) 平成5年4月 金沢大学助教授(教育学部) 平成15年6月 金沢大学教授(教育学部) 平成18年4月 金沢大学教育学部附属養護学校長(平成19年3月まで) 平成19年4月 金沢大学教育学部附属特別支援学校長(平成20年3月まで) 平成20年4月 金沢大学教授(人間社会研究域人間科学系) 平成20年4月 金沢大学人間社会学域学校教育学類附属特別支援学校長(平成22年3月まで) 平成26年4月 金沢大学人間社会学域地域創造学類長(平成30年3月まで) 平成30年4月 金沢大学学長補佐(企画評価・教員人事改革担当)(令和2年3月まで) 令和2年4月 国立大学法人金沢大学理事(企画評価・情報担当)/副学長 理事(総務・財務・施設担当) 大西 啓介(おおにし けいすけ) 任期 令和2年4月1日から令和4年3月31日まで 学歴 【出身大学】 東京大学法学部平成5年卒業 主な職歴 平成5年4月 文部省体育局体育課 平成7年4月 文部省初等中等教育局教科書課 平成8年4月 文部省初等中等教育局教科書課企画係長 平成8年8月 文部省高等教育局医学教育課企画係長 平成10年7月 文部省大臣官房総務課行政改革推進室専門職員 (併任)中央省庁等改革推進本部事務局主査 平成12年7月 文化庁長官官房著作権課課長補佐 平成14年4月 宮城県教育委員会教育庁教職員課長 平成16年4月 文部科学省初等中等教育局教科書課課長補佐 (併任)訟務専門官 平成18年4月 文部科学省高等教育局大学振興課大学設置室室長補佐 (命)大学設置室長心得 平成19年4月 文部科学省高等教育局大学振興課大学設置室長 平成20年3月 文部科学省高等教育局高等教育企画課国立大学法人評価委員会室長 平成21年4月 文部科学省高等教育局国立大学法人支援課国立大学法人評価委員会室長 平成21年7月 文部科学省科学技術・学術政策局企画官 平成22年7月 文部科学省大臣官房付 (併任)内閣府本府高度人材受入推進室企画官 平成23年7月 文部科学省大臣官房付 平成23年9月 (併任)内閣官房内閣総務官室企画官 平成24年10月. また、治験薬及び先進医療を含む臨床試験の試験薬の中央管理等も行います。 交通アクセス• も参照できます。 タクシー 金沢駅から 所要時間 約15分~20分 料金 1,800円前後 シェアサイクル• がんやその治療に伴う症状の軽減・防止• 都はに基づく立ち入り調査をし、安全性が確認できるまで、この治療を中止するよう指導した。 脳神経外科• 医学所は大病院に附属する• 11月 - 東京医学校校舎、寄宿舎および病院を本郷本富士町旧邸内に新営、移転• 駐車場は有料ゲート方式です。 現代の標準治療は西洋医学に基づいています。 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)• 病院は事故調査委員会を設置し、調査したが死亡に影響を与えた可能性があるとする一方で「どの程度影響したかは判断できない」としている。 2月 - と改称• 当院は臨床医学の発展と医療人の育成に努め、個々の患者に最適な医療を提供する• 2013年には、これまでの業務に加え、質の高い臨床研究・医師主導治験を推進するため、「先端医療開発センター」へと改称し、現在はスタディマネージャー・データマネージャー・生物統計家などの専門家を配置した10の部門体制より、金沢大学附属病院における臨床研究のさらなる発展を目指した活動を行っています。

>

漢方医学科|診療科一覧|診療科・中央診療部門等のご案内|ご来院の方へ|金沢大学附属病院 Kanazawa University Hospital

関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (但し、参議院で認定取消が議論されている )• 核医学診療科• 最新の検査データ(健診、あるいは他院の採血データ)があれば必ずお持ちください。 指定医療機関• 5月 - 東京大学医学部附属医院と改称• 乳腺科• の配置されている医療機関• 7月 - と改称• (昭和24年) - 学制改革による金沢大学の設置に伴い、金沢大学医学部附属病院と改称。 当院でも2015年1月に漢方医学科が診療科として独立標榜されることになりました。 病院によると、薬の誤投与は、多臓器障害のため重篤だった男児に対し、に内服薬を注入する処置をした際に発生した。

>

臨床研究推進部門

(東大ハウス) 外部リンク [ ]• 自覚症状を主とする痛みや凝り• 慢性腎不全、高血圧、糖尿病など長期管理の必要な病気とそれに伴う症状• 附属病院 [金沢大学概要2006] 平成17年度 外来診療日数 244日 病床数 臓器別診療科等名 合計 消化器内科 床54 内分泌・代謝内科 35 リウマチ・膠原病内科 18 呼吸器内科 20 循環器内科 29 腎臓内科 22 血液内科 28 総合診療内科 2 神経内科 20 神経科 14 精神科 46 小児科 28 放射線科 2 皮膚科 29 消化器外科 85 心臓血管外科 25 内分泌外科 20 呼吸器外科 25 小児外科 5 整形外科 57 泌尿器科 33 眼科 41 耳鼻咽喉科 34 産科婦人科 32 麻酔科蘇生科 2 脳神経外科 35 核医学診療科 2 歯科口腔外科 10 周産母子センター 16 NICU 3 RI病床 6 ICU 6 CCU 2 高密度無菌治療部 4 術後重症回復室 14 共通病床 28 合計 832 医学部附属病院 診療科 診療状況 外来 入院 患者延数 1日平均 患者数 患者延数 1日平均 患者数 内科 人107,261 人439. 各疾患の専門医と相談することができる• 7月 - 横浜軍陣病院を神田和泉橋旧藤堂邸に移転して、大病院と称する。 特に、今後増加することが予想される国際共同治験を効率的に遂行するため、また質の高い医師主導治験、臨床研究を実施するため、認定CRC・上級CRCを中心として積極的な支援を行っていきます。 症状・疾患• の配置されている医療機関• 診療科長 小川 恵子• 呼吸器外科• リウマチ・膠原病内科• 主な就職先 金沢医科大学病院、金沢医科大学氷見市民病院、恵寿総合病院、金沢大学附属病院、石川県立中央病院、福岡大学病院、久留米大学病院、京都府立医科大学附属病院、神戸大学医学部附属病院、大阪医科大学附属病院、兵庫医科大学病院、関西医科大学附属牧方病院、愛知医科大学病院、岐阜大学医学部附属病院、東京女子医科大学病院、杏林大学医学部附属病院、自治医科大学附属病院、順天堂大学附属病院、北里大学病院、北海道大学病院、横浜市立大学附属病院. 西洋医学的治療を受けても改善しない症状• 外来診療棟1階ホスピタルプロムナードに、駐車料金事前精算機があります。 スタッフ紹介 部門長/准教授 長瀬 克彦 (NAGASE Katsuhiko) 薬剤師CRC 長瀬 克彦 (NAGASE Katsuhiko) 【部門長併任/日本臨床薬理学会認定CRC】 田中 祐子 (TANAKA Yuko) 【日本臨床薬理学会認定CRC】 川上 貴裕 (KAWAKAMI Takahiro) 【日本臨床薬理学会認定CRC】 桑島 明子 (KUWAJIMA Akiko) 樋口 真衣子(HIGUCHI Maiko) 【日本臨床薬理学会認定CRC】 小川 珠子 (OGAWA Tamako) 【日本臨床薬理学会認定CRC】 下川 頌子 (SHIMOKAWA Shoko) 山崎 京介 (YAMAZAKI Kyosuke) 看護師CRC 中本 美子 (NAKAMOTO Yoshiko) 【日本臨床薬理学会認定CRC】 野口 栄子 (NOGUCHI Hideko) 【日本臨床薬理学会認定CRC】 草島 光代 (KUSAJIMA Mitsuyo) 【日本臨床薬理学会認定CRC】 藤島 則子 (FUJISHIMA Noriko) 池田 嘉奈 (IKEDA Kana) 石元 香奈 (ISHIMOTO Kana) 築山 舞 (TSUKIYAMA Mai) 長野 麻咲美(NAGANO Masami) 山田 友美 (YAMADA Tomomi) 検査技師CRC 清酒 亜由美(SEISHU Ayumi) 【日本臨床薬理学会認定CRC】 清水 良悟 (SHIMIZU Ryogo) 経歴 1995年 東北大学薬学部卒業 1998年 東北大学大学院分子生命薬学専攻修了 1998年 金沢大学医学部附属病院薬剤部 2001年 富山医科薬科大学附属病院薬剤部 2002年 金沢大学医学部附属病院薬剤部 2006年 金沢大学医学部博士課程循環医科学専攻修了(医薬学博士) 2010年 金沢大学附属病院薬剤部 副薬剤部長 2011年 金沢大学附属病院臨床試験管理センター 准教授 2013年~ 金沢大学附属病院先端医療開発センター 准教授 2017年~ 金沢大学附属病院先端医療開発センター 副センター長 専門分野 医薬品評価学 学会活動 日本薬学会、日本医療薬学会、日本臨床薬理学会、日本TDM学会、レギュラトリーサイエンス学会 資格 日本病院薬剤師会実務実習指導薬剤師、日本臨床薬理学会認定CRC. 診療科からのお知らせ 当外来では、初診・再診ともに 完全予約制を実施しています。 このほか、各種法令による指定・認定病院であるとともに、各学会の認定施設でもある。 10月 - と改称• 将来的には外国人研究者・留学生向けの宿舎や文系の研究所を建設する計画がある。 患者の意思を尊重する医療の実践• 不祥事・医療ミス・医療事故 [ ]• 冷え症、月経不順など• 腎臓内科• 漢方医学は身体や心に起きている事象を、西洋医学とは違う角度、違う切り口で眺めることができます。

>

東京大学医学部附属病院

漢方医学科• (平成20年) - 金沢大学医薬保健学域の創設に伴い、金沢大学附属病院と改称。 7月 - 医術開業試験場として設立(永楽町一丁目2番地)• 5月 - と改称• 処方は、原則的に院外処方となります。 附属病院に関すること(病院部) 金沢大学附属病院に関するお問い合わせ窓口の一覧です。 外来担当者と専門分野 (令和2年4月現在) 初診/再診 月 火 水 木 金 (午前) 22ブロック 診察室32 有光潤介 (午後) 32ブロック 診察室4,5 白井明子 (再診) 前山美千代 (第1・3週) 白井明子 診療科の特徴・特色 乳児から高齢者まで老若男女を問わず、さまざまな症状でお困りの方が受診されています。 (文久2年)3月 - 加賀藩が金沢彦三八番町に種痘所を開設。

>

医学部附属病院・研究所附属病院

歯科口腔外科• 内分泌・代謝内科• 漢方医学科は、この漢方を専門とする診療科です。 5月 - 東京大学医学部附属病院と改称• 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関• 別の患者は男児よりも体格が大きく、男児にとっては薬の量が多すぎたという。 総合診療科• (平成13年) - 病棟の改築が完了。 西洋医学的治療は効果的なのに治療の副作用などさまざまな症状 などがある患者さんに対して治療を行います。 尚、大学病院はすべて臨床研修指定病院です。

>

東京大学医学部附属病院

加齢にともなう種々の症状• なお、最近検査をしていない場合には、投薬の安全性を確認するために、当日に採血・検尿、場合によってはレントゲン検査などの各種検査をさせていただくことがあります。 3月 - 医術開業試験の移管に伴いへ移管• アクセス案内. 駐車場整理員の指示に従って駐車してください。 6月 - 現在地(120番地、現 文京区目白台3-28-6)に移転• 「」とは異なります。 認定専門医人数 [ ] (下表の出典 ) 資格名 人数 資格名 人数 整形外科専門医 25. ・などからで「東大病院」バス停下車。 胃腸外科• 4月 - と東京医学校を合併、となり、病院は東京大学医学部附属病院と改称• アレルギー疾患(花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎など) 当科では、脈診・舌診・腹診など東洋医学の伝統的な診断方法に基づいた、一人一人の患者さんに最も適した伝統的な漢方薬による治療を行っております。 たたし、一部の便はロータリーに乗り入れず、小立野通り上の「小立野」バス停を利用しなければならない。 また自家用車用の有料駐車場もあるが、公式サイトでは公共交通機関での来院を呼びかけている。

>

臨床研究推進部門

沿革 [ ]• 放射線治療科• 西洋医学的診断・治療がなされている• 小石川分院とも呼ばれるが、所在地はなどとは隔たったである。 参議院 厚生労働委員会 2018年12月6日 2018年12月9日閲覧• 4月 - 東京帝国大学医学部附属医院と改称• 8人 アクセス [ ]• 皮膚科• 漢方治療では、単に症状を抑えるのではなく、からだ全体のバランスを整えます。 この診察法により、この伝統的な漢方薬としては、エキス剤(煎じ薬をフリーズドライして粉末にしたもの)を主に、時に伝統的な煎じ薬や丸剤などを使用することもあります。 こうした現代医学だけでは治しにくい症状を各専門診療科と協力しながら治療していくことで、皆様のQoLの向上に貢献していきたいと思っております。 漢方医学科• 2月 - 医学所は、大病院と合併し兼病院となる• 1869年12月 - と改称• 事項 担当部署 電話/メール 病院の総合案内に関すること 総務課 総務係 076-265-2000 病院の広報及び情報公開に関すること 総務課 調査・広報係 076-265-2936 医師臨床研修に関すること 総務課 臨床研修係 076-265-2058 病院の人事に関すること 総務課 人事係 076-265-2059 病院職員の兼業,勤務時間に関すること 総務課 労務係 076-265-2937 会計事務の監査及び検査,債権(病院等診療費債権を除く。 漢方医学科 診療科案内• 漢方医学は中国の伝統医学の影響のもと、日本で独自に育ってきた伝統医学です。 理念と目標 [ ]• 委託医療機関• 当日は、予約時間の30分前までに来院してください。

>