ツイン ライン ホテル 軽井沢。 話題&こだわりホテルが続々オープン!軽井沢の新しいおすすめ宿4選

TWIN

改装済みのお部屋もありますので、これから順次改装が進んでいくのでしょうか・・・ ホテルにはサウナやジャグジー、露天温泉も含む大浴場があって、とても気持ちよく入ることができました。 軽井沢内であれば、サクッと利用したい時はこちらの【軽井沢浅間プリンスホテル】の《ツインルーム》、連泊で優雅にゆっくり過ごしたい時は客室温泉&ラウンジ付きの【ザ・プリンス ヴィラ軽井沢】の《客室温泉付きヴィラ》という使い分けができそうです。 。 軽井沢駅から歩いて程近くのところにある、黒塗りのスタイリッシュな建物。 客室は 51 室で、ファミリー・グループ向けにコネクティングルームや愛犬と一緒に泊まれる部屋も用意。 また、女性専用のエステ棟があり、足湯や女性専用露天風呂、岩盤浴などがあるので、女性には嬉しい究極の癒しを体感できます。

>

話題&こだわりホテルが続々オープン!軽井沢の新しいおすすめ宿4選

。 (《コンフォートツインルーム》では、コーヒーテーブルとチェアのセットのグレードがあがるのかもしれませんが、未確認。 ダイニングにも、子供用のカトラリーやお皿の用意はありません。 床や壁にはウッド調の素材を使用し、ブルーの家具を配した木のぬくもりが感じられる客室です。 mobile メニュー ドリンク ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる 料理 野菜料理にこだわる、英語メニューあり、朝食・モーニングあり 特徴・関連情報 利用シーン | こんな時によく使われます。 (画像:公式HPより引用) こんにちは。 自慢の料理は、野菜だけでなく地元蓼科牛や信州サーモン等、地産地消にこだわったコース料理もあります。

>

【軽井沢浅間プリンスホテル】小規模ホテルとあなどるなかれ!隠れ家的落ち着きのある大人向けホテルでゆっくりステイ!《ツインルーム》客室レポート〜4歳子連れ宿泊記〜

これは嬉しかったなぁ。 。 (上信越自動車道碓氷軽井沢I. ドアの横にはクローゼットがあります。 《ツインルーム》と《コンフォートツインルーム》の違いは、1階に位置しているか3階に位置しているかの違いで、客室面積もバルコニー面積もベッドサイズも同じです。 その名も「TWIN-LINE HOTEL KARUIZAWA JAPAN(ツインラインホテル軽井沢ジャパン)」です。 ロビー周りはとても綺麗でしたが、かなり設備的に古くなっているところもチラホラ。 正面玄関から入るとまずはフロントがあり、そこが「2階」にあたる造りになっています。

>

TWIN-LINE HOTEL KARUIZAWA

自然に溶けこんだ上質な空間 ルグラン旧軽井沢 <2016年7月オープン> 軽井沢のクラシカルな雰囲気をそのままに、高級感のあるホテルが誕生しました。 今年は例年以上に半端ない暑さが続く毎日。 懐かしい思い出です・・。 【ザ・プリンス軽井沢】も十分落ち着いた雰囲気がありますが、【軽井沢浅間プリンスホテル】の方がより小規模でより落ち着きがあるといった印象です。 そっか〜〜毎年サイプレス、そして軽井沢にっていいなぁ。 【 仕事】仕事で集中したい時、リラックスしたい時、自分の好きなスタイルで過ごせるwi-fi&コンセント完備のフリースペース。 温泉がゆったりしてヨカッタです!! ベッドのマットレスもいい感じでした。

>

『ホテルサイプレス軽井沢・DXツイン★オイシィ、カワイィ、キモチイィ!草津&軽井沢』軽井沢(長野県)の旅行記・ブログ by たらよろさん【フォートラベル】

こういうのがあるってそれだけで嬉しくなりますね。 テイクアウトメニューも充実。 2019年11月にAMEXのフリーステイギフトを利用して【軽井沢浅間プリンスホテル】の《ツインルーム》に宿泊しました。 。 仕事をしていた頃、秋に関信越地区の・・ その年の会議と表彰式が軽井沢で毎年恒例でした。

>

『ホテルサイプレス軽井沢・DXツイン★オイシィ、カワイィ、キモチイィ!草津&軽井沢』軽井沢(長野県)の旅行記・ブログ by たらよろさん【フォートラベル】

「ま、寝れればどこでもいっか」という感じで全く期待せずに行った【軽井沢浅間プリンスホテル】(失礼な話ですみません;笑)でしたが、結果的には落ち着いた雰囲気が私たちにはフィットしていて大正解でした。 フロントのある際のラウンジスペースには、ペルシャ絨毯が敷かれ、シャンデリアはアンドワープ製、暖炉や家具はイタリア製を配し、高級感あふれる空間となっていてます。 最上階にあるSPA「KOMOREBI」は内風呂の他に、木々に囲まれた露天風呂があり、湯船に浸りながらリラックスタイムを過ごせます。 洗練された環境と美しい景色を誇る長野県軽井沢の街並み、美味しい食事に楽しいアクティビティ。 夫婦2人で癒されまくりました〜〜(笑) 翌日の足の疲れが本当に違ったもの。

>

TWIN

AMERICAN EXPRESSセンチュリオンカード(通称:ブラックカード)ホルダーのYOROZU KOSODATEです。 90㎡/規模:地上3 階/施設構成:客室 51 室、レストラン、スーベニールショップ、バー、デリほか デラックスツイン• 夫婦二人と娘(4歳)の三人での利用です。 今年の以上な暑さの夏・・。 。 《残念ポイント》 ・軽井沢駅からは遠い。 「温泉棟にはモノレールを使って行く」と最初に聞いた時は、雪山のリフトとか海外の空港間のモノレール移動とか、だいぶ大それた規模のものを想像して「え?湯冷めしない?!」とか、色々と心配していましたが、普通に歩いても数十秒のところを移動するだけの話だったので安心しました。

>

TWIN-LINE HOTEL KARUIZAWA

) 朝食会場の《ダイニング ブルーム(Dining Bloom)》が1階に位置しているので、同じ1階に位置している《ツインルーム》からは階の移動の必要がなくアクセスがしやすかったので、私たちにとっては《ツインルーム》で十分かなという印象でした。 レストラン「Arpeggio」では、地元の新鮮な食材を使用したコンチネンタルキュイジーヌを中心に、洋食の他、鉄板料理や信州料理などが味わえます。 生憎のあの台風の時で 雨の軽井沢になってしまったのですが それでも風情はあって、綺麗な紅葉が楽しめました。 客室は43室あり、白とベージュを基調とした広々とした落ち着きのある部屋です。 【 デリ】自分のライフスタイルに合わせ選ぶことが出来るデリ。 「TWIN-LINE HOTEL KARUIZAWA JAPAN(ツインラインホテル軽井沢ジャパン)」で仕事も遊びも両立させて、新しいライフスタイルを試してみませんか。 やアーティストとコラボレーションし、国内外の感度の高いゲストをターゲットに訴求していく。

>