女性 専用 車両 法律。 女性専用車両

鉄道営業法 -「女性専用車両」男が乗っても法的にはOK (2ページ目)

「お父さん・・・」と、このおっさん何とかしろ的な視線を送ったのですが 叔父に弱い父は聞こえないフリで、でも居心地が悪いのかソワソワ・・情けない・・ 「行くよ!!(怒)」と私がスタスタと隣りの車両へ行ってしまうと オッサン二人、慌てて付いてきました。 ほかの3社は「その他」でいずれも「理解と協力をお願いする」ということだった。 >このように日本の男性差別は酷いものですが、なぜか社会問題にならず放置されています。 「痴漢対策」はしても良いですが、「男性対策(=男性差別)」をしてはいけません。 田中宇の国際ニュース解説:イラン訪問記(、2006年4月14日)• ・ 34条2号に該当しても、それが男性乗車禁止とはならない ということでした。

>

鉄道営業法 -「女性専用車両」男が乗っても法的にはOK (2ページ目)

冤罪から身を守るために、「男性専用車両もつくってほしい」という声もあるでしょう。 もちろん、一部の男性客が声を上げるのも当然想定してるから、 その対処はしてる。 2018. すなわち男女平等原則は、他の人権規定以上に私人間でも >考慮すべきということです。 その被害者は女性のほうが、はるかに多い。 しかし、 実際のところは「誰でも乗車できる」のです。 そして、約款では他の乗客の迷惑になる行為を禁止しています。

>

【意味ない?】女性専用車両は必要ない?【反対?】

体の不自由な方と介護者の方は男性であっても乗車できます。 純粋な民間企業の鉄道会社においては、違憲判断ではなく民法の公序良俗違反の判断と して、合理的差別として許容できるかどうかということでしょうか? どうも「とんでもない回答」を書いたみたいですので、補足 というか言い訳 を… 『日本の法体系では、個別法で「電車に性別を分けて乗せる車両を設けてはいけない」という法律がないと、「合理的差別」とみなされますから、違憲の判断はされないと思います。 - MBC news 1995年4月7日• 法的には問題無し まず、法律面からです。 憲法を直接使って人権保障を実現するべきだとする考えもありますが、そのような考え方は裁判所はとりません。 臀部の感覚で冤罪が生まれる状況を想定し、「冤罪が発生しました!」と田村淳が高らかに宣言するシーンでは、おもしろくて仕方なさそうな笑顔が映っていました。 それは、憲法の条文をご覧になっても分かるとおり、憲法の規定は理念のようなものが多いからです。 文句があれば訴訟すればいいと思いますが、まず勝てる見込みはないと思います。

>

鉄道営業法 -「女性専用車両」男が乗っても法的にはOK (2ページ目)

そのあたりを勘違いされている女性方が、「女性専用車両に男が乗らないのは当然!なんでわざわざ女性専用車両に乗ってくるの!」なんていいだしたらそりゃ言い合いになってしまいますよ。 男性は競争して、女性は協調して学習するほうが効果が上がる、とされています。 普通に考えたら憲法に反していると思われる事が起こっても、裁判所は違憲だという判断を下しません。 >女性専用車両に入ってくる男性がとても多い気がします。 >憲法の本を読むか歴史を勉強してください。

>

「女性専用車両」は法律的に見て問題(違憲、違法)ではないのですか?(2/3)

宗教的な意味合いによるもの やでは男女の同席が忌避されるため、これらの宗教の信者の多い国では、に基づき女性専用車両(男女別車両)を設定している例がある。 私のようにたまにしか電車乗らない人間だと、女性専用でも乗ってもいいと勘違いすることがあります。 ただし、現行憲法の12条、 第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。 ただどうしても、そこめがけて乗ろうとする心理が理解できません。 また、その旦那が嫁の味方にも親の味方にも、なれず…情けない事。

>

女性専用車両は差別だと女性を脅かすのは筋違い

学説も、行政のコスト等の諸般の事情を考慮したとしても、2倍までに抑えるべきであるとしています。 見かけるたびに腹立ちます。 結論から言うと、「婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ」という文面があることから、 女性専用車両は34条2号に該当するとの見解でした。 高齢者や妊婦、身体障害者のための優先座席と同じく、あくまでもマナーや道徳の問題としてとらえればいいようだ。 こうした対応は他社も同様で、常識的な範囲で男性客の乗車は認められている。

>

女性専用車両に対する法的見解

周りの人が手を握ったり声をかけたりしてなんとか落ち着きを取り戻していましたが、、、 女性専用車はあくまで「ご協力お願いします」なので、難しいですよね。 こういう意味もあります。 アメリカの裁判は、看護学校で看護の学位をとりたかった看護師さんが起こしたもので、入学したかった動機が割と分かりやすいのですが、男子学生が御茶の水や奈良女子大に入りたい理由となると、ちょっと想像しずらい気もします。 トイレの他、公衆浴場、サウナ風呂も男女差別を行っています。 >しかし、男性専用車も同時に設けることによって容易に男女不平等でなくすることも >可能であるにも関わらず、漫然と女性専用車両のみを設けているわけですから、全体 >として合理的な区別とは認めがたいものがあります。 そこがポイントだと私は思います。 駅員も彼らを降車させることはなくそのまま発車させたので、車内には男性グループと女性客のみが残されて、大きな恐怖を感じました。

>

【メモ】女性専用車両の法的判例「鉄道営業法34条2号」に関する備忘録

平成23年の裁判では女性専用車両は問題ないとの判決 女性専用車両が違法な差別かどうかについては裁判例があります。 お給料もそうですよね。 そのメリットとして「痴漢冤罪対策」を挙げる方が大半なのですが、先程も書いたように、 車両内が混雑している限り、痴漢冤罪対策としての効果は期待できません。 では、過去に裁判で女性専用車両の違法性を否定した事例も上がっています。 なお、鉄道は都営地下鉄のように自治体が直接経営する場合もありますし、特殊法人や公的機関が100%出資する株式会社が経営する場合もあります。

>