遠謀 深慮 意味。 「深謀遠慮」の意味 「深慮遠謀」との違いとは【四字熟語】

「深慮遠謀」の意味と使い方・「深慮遠慮」の違い・対義語・類語

「深慮深謀」は四字熟語じゃない 「深慮遠謀」は四字熟語ですが、「深慮深謀」は四字熟語ではなくて二字熟語「深慮」「深謀」の羅列です。 どっちが正しいんだろう、と。 ところで。 結論から言うと、「深謀遠慮」に関する反対語はありません。 深謀遠慮の意味は?深慮遠謀との違いや類語や反対語も 深謀遠慮の意味は「先見ある緻密な謀」 深謀遠慮(しんぼうえんりょ)の意味は「先々まで考えた深く緻密な謀(はかりごと)」、または「先々まで考えた深く緻密な謀を立てること」です。 「遠謀深慮」なる言葉を知らなかった。

>

「遠謀深慮」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「百術千慮」の意味は「いろいろと方法を考え、思慮をめぐらすこと」です。 さらに、「深謀遠慮」という言葉だけでなく、「深謀」や「遠慮」という言葉についても確認することができました。 まずは、「深謀遠慮」に似た意味の言葉について説明していきます。 このことから「遠謀」と「遠慮」とは、かなり近い意味であることがわかります。 例えば、「続短断長」と「断長続短」などです。 なお、この「控えめにすること」という意味は江戸時代にはすでに生まれていたそうです。

>

「深謀遠慮」の意味とは?使い方から類語や英語を例文つきで解説

相手からの誘いや提案を断るときに、「お断りします」や「辞退します」、「やめます」と言ってしまうと、表現が直接的で少しきつい印象を与えてしまう可能性があります。 「深謀」の意味と「遠慮」の意味に関係がある? 先ほど「深謀遠慮」の意味について説明しましたが、次は「深謀遠慮」の意味と、「深謀」、「遠慮」のそれぞれの意味に関係があるのかについて説明します。 つまり、このような「深謀遠慮」の考え方が成功につながるといえます。 目論見は「計画・考え・企て」を意味するため、状況に合わせて「計画」「企て」「考え」のいずれかの言葉と同じ意味だと捉えましょう。 例文を見てみましょう。 そのため、時と場合に合わせて類語も活用してください。

>

「深謀遠慮」の意味とは?使い方から類語や英語を例文つきで解説

言うまでもなく、『「深慮遠謀」があってのことだ』で納得してもらうためには信用度が必要です。 深謀遠慮は「深謀」と「遠慮」で成り立ちます。 具体的な使い方については、後で「深謀遠慮」を使った例文を説明する項目のところで紹介していきます。 しかしこれは深謀遠慮とは漢字の配置が異なるだけであり、意味や使い方などに違いはありません。 「深慮遠謀」が後輩や部下であるときにも見習えばあっぱれです。 遠謀深慮の由来 遠謀深慮は、「遠謀」と「深慮」という二つの言葉が合わさって出来た言葉です。 「深慮遠謀」や類語がとっさに出てこないときの一時しのぎに過ぎません。

>

「深謀遠慮」の意味と語源、使い方、類語「深慮遠謀」との違いを例文つきで解説

しかし意味も意味合いも変わりないため、深い謀と遠くを慮るのか?深く慮り遠くまでの謀を立てるのか?といったことを考えると使い分けがしやすいです。 「深謀遠慮」とは国家が国を守るためには必須の考え方だという意味で生まれたのでした。 このあと、より深く「深謀遠慮」について考えていくために、まずは「深謀遠慮」を「深謀」と「遠慮」という2つの言葉に分けて詳しく見ていきます。 『わたくしは「深慮遠謀」ですので』などの使い方は誤りです。 「転ばぬ先の杖」 3つめの「深謀遠慮」と似た意味のことわざは、「転ばぬ先の杖」です。

>

「深謀遠慮」の意味 「深慮遠謀」との違いとは【四字熟語】

しかしながら深謀遠慮の意味は「先々まで考えた深く緻密な謀」や「その謀を立てること」ですので、その反対語とすれば「先々まで考えていない浅く大雑把な謀」や「その謀を立てること」になります。 「深慮深謀」に限らず、一見するとそっくりな言葉はたくさんあります。 「深謀遠慮」の漢字の意味を解く 「深謀遠慮」の「深謀」とは「深く考えられたその考え」という意味です。 「深謀遠慮を巡らす」を用いた例文には、「失敗がないよう深謀遠慮を巡らす」「彼は何かするにあたり必ず深謀遠慮を巡らす癖がある」「深謀遠慮を巡らすことなく事を済ませられるのが本望だよ」「全員が個々に深謀遠慮を巡らすようじゃまとまるはずもない」などがあります。 「深慮遠謀」を形成している熟語は「深慮」と「遠謀」ですが、「深謀遠慮」の場合は「深謀」と「遠慮」、「深謀」の意味は深いはかりごとです。 「深慮遠謀」は聞いたときの感じが良く、さりげなく使えばできる人と思われやすいです。 「遠慮」の1つめの意味は、「相手に対して気をつかい、自分の言動を控えるようにすること」です。

>