きょう うん トゲキッス。 【育成論】弱点保険トゲキッス【ポケモン剣盾】

トゲキッス育成論

種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 85 50 95 120 115 80 545 合計種族値が545と剣盾環境では8番目に高く、さらに使用しないステータスである攻撃が低く、実質種族値 使用されない部分の種族値を除いた合計種族値 はなんと600族であるサザンドラと同じです。 ダブルバトル用。 /レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 エアスラッシュ タイプ一致技。 これだけ勝てたのは命中不安定技を全く外さなかったり、麻痺状態でもがちゃんと動いたりと、運に恵まれたところが大きいのではないでしょうか。 反面、耐久面には何ら寄与していないためあくまでアタッカーとしての採用に限られる。

>

トゲキッス育成論

・炎技 鋼タイプへの打点となる。 以上により「てんのめぐみ」よりも「きょううん」の方が優れているのではないかと考え、今回のような型が生まれました。 最大102。 また、が各特性である確率は、対面した時点では変動しておらず、 ホームで閲覧できる使用率が初期値と考えられる。 まだコミュニ内で自分の構成を真似して珠+を使い始めたプレイヤーが徐々に出てきたという段階ですが、確実に強い構築なのでお試しください。

>

【雑記】トゲキッスと条件付き確率

「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 その2体に強く出れて環境トップの++にも強いは自然と構築に入りました。 しんそく 先制技。 ダイマックスでダイジェット連打• ひかりのねんどオーロンゲによる8ターン壁貼り• ダイマックス状態では怯みは通りませんが、急所は発生するのでダイマックスへ打点を持つことが可能です。 ダブルバトル用。 ねっぷう 相手2体を攻撃可能なほのお技。

>

【2020 INC Feb.マスター最終2位】サマドラ弱点保険構築

また、水タイプや電気タイプもトゲキッスの弱点である鋼技を半減で受けることができるため、相性補完としておすすめです。 H4ガラルヒヒダルマ…確定1発• 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 特性考察 はりきり 物理技の威力が1. エアスラッシュ(害悪)• H4ドリュウズ…確定1発 ダイロック• 最近自分が考えた対キッス用「耐熱ドータクン」は、耐熱で相手のダイバーンを1発耐えトリルを展開し、てっていこうせんで退場し裏のエースにつなげるという戦法。 高耐久でじゃくてんほけんと好相性 トゲキッスはHPは低いものの防御と特防が高いため、ダイマックスでHPを2倍にすると、弱点の技でも耐えることができます。 「もっと自由な選出で、その場その場に応じたサイクルで、数値で殴り勝ちたい」そういった思いからスタンパーティでを一撃で落とすことができる命の珠+ックスのに着地しました。

>

【育成論】弱点保険トゲキッス【ポケモン剣盾】

しんぴのまもり 「おにび」や「あくび」の対策として。 技考察 特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 マジカルシャイン 妖 80 120 100 - タイプ一致技。 レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 浮いているせいで「ダイフェアリー」の追加効果であるミストフィールドの恩恵を受けられないためあまり相性が良くないですが、環境にバンギラスや水ロトムなどフェアリー技を撃つ必要がある相手があまりに多いため使わざるを得ないです。 トゲキッスと笑顔で向き合えるように、今後も頑張っていきたいと思います。 トゲキッスの技 有用な攻撃技 マジカルシャイン タイプ一致技。 特性をうまく生かして戦いましょう。

>

【育成論】弱点保険トゲキッス【ポケモン剣盾】

技の追加効果が優秀で自身のSも上げられる物理ドラパルトは強いのですが、欲を言うと火力面だけが少し足りないと考えてました。 相手が弱点を突いて倒しに来たところをダイマックスの耐久上昇によって耐え、じゃくてんほけんを発動させて返り討ちにします。 そのため「じゃくてんほけん」との相性が良く、元々の特攻の高さと相まって強力な攻撃を放つ事ができるようになります。 トゲキッスの育成論と戦い方 白い悪魔と称されるトゲキッスの育成論と戦い方は、大きく分けて2種類います。 投げつけた道具はなくなる。 マヒ状態にならない特性「じゅうなん」を持つポケモン• 合算した採用率は4割程度であり、エアスラッシュの採用率6割には届かないもののエアスラッシュを切っての採用も十分存在する事が分かる。

>

トゲキッス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

25%で外れるのでからぶりほけんとともに)• Togekiss タイプ相性による弱点• そもそも確定数が変わらないのは、技の威力ではなくもともとの種族値に依存する。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 とセットで採用されやすいウオノラゴンに縛られたくない為、イトケの実+を採用。 したがって自由枠でもある) スタンダード型と技構成、性格共に一緒ですが、特性をきょううんにしてピントレンズを持たせることにより、50%の確率で急所を狙えるというぶっこわれ性能を持った型です。 これからトゲキッスを使いたい人、トゲキッスを対策したい人はぜひとも参考にしてください。 純粋に味方を守る技としては読み間違いによる被弾のないこのゆびとまれに劣る。

>