海洋 放出。 「海洋放出は絶対反対」全漁連が政府に要請 福島第一原発の汚染処理水巡り:東京新聞 TOKYO Web

【東京電力】海洋放出、27日にも決定 福島第1原発の処理水―政府

陳情を受けた同部は、日本政府はまだ最終的な決定を下していないと説明した上で、台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)を通じて意見を伝達し、慎重な対応と国際社会への説明を求めると約束した。 また、送電鉄塔が一基倒壊した場合においても外部電源から電力の供給を受けられる原子炉施設の例としては、北海道電力株式会社泊発電所一号炉等が挙げられる。 韓国はIAEA(国際原子力機関)において、日本の汚染水問題への対応を問題提起していたが、注目度が上がっているだけに、外交問題への影響も気がかりだ。 国内の原発では、1リットル当たり6万ベクレルという基準以下であることを確認したうえで海に放出していて、海外でも各国で基準を定めて放出しています。 外交部が国会外交統一委員会所属の李泰珪(イ・テギュ)議員(最大野党・国民の力)に提出した資料で明らかにした。 要請を行ったのは「これ以上海を汚すな!市民会議」という市民団体。 衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書 一の1について 我が国の実用発電用原子炉に係る原子炉施設(以下「原子炉施設」という。

>

海洋放出、月内にも決定

また、単に意見聴取を行うのみならず、経済産業省から十分な説明を行い、提起された質問には十分に答えるべきである。 「ALPS(多核種除去設備)で処理したが、トリチウムなど放射性物質を含む水」(以下ALPS処理汚染水)について、現在、経済産業省が一般からの意見を募集しています。 ただし、放射性物質のトリチウム(半減期12・3年)だけ除染されずに残ってしまうため、処理が終わった水(処理水)はタンクに貯蔵されてきた。 。 それらの汚染水は多核種除去設備(通称ALPS)を使うことで、放射性物質62核種を法定告示濃度未満まで除去できるため、東電は3種類のALPSをフル稼働させて、汚染水の除染処理を行ってきた。 反対しているのは誰か?その理由は何か? 日本の漁業者によって組織されている漁業協同組合は、政府に対し、海洋放出には断固として反対するとの立場を表明した。

>

福島第1原発処理水の海洋放出に反対 台湾の民間団体が外交部に陳情

どのくらいの規模かと言うと、2010年実績の福島第一原発では一年に2. 朝鮮半島は地理的に日本と近いことから、もっとも大きな汚染の被害を被る可能性がある。 トリチウムは、通常の原子力施設でも発生し、各国の基準に基づいて、薄めて海や大気などに放出されています。 海洋放出反対の県漁連の要望に、広瀬直己社長(当時)が「関係者の理解なしには、いかなる処分も行わず、処理した水は発電所敷地内のタンクに貯留します」と文書で回答している。 電話等による提出は受け付けておりません。 東京電力の技術的信頼性の低さから、いったん汚染処理水の放射性物質が基準値を下回ったとしても、長期にわたれば、再び放射性物質が基準値を超えてしまう可能性があります。 地元自治体や漁業団体に対して実施した意見聴取や、公募で寄せられた意見書面を整理したが、どう考えても性急な「海洋放出」の政府決定は間違っているだろう。

>

福島第1原発処理水の海洋放出に反対 台湾の民間団体が外交部に陳情

また、「二次処理」を行ったとしても、放射性物質は残留する。 満田夏花氏の講義では、10月中にも政府が海洋放出をするのではないかと懸念されていた福島第一原発の「処理済み汚染水」について、パワポを使い、詳細な説明が行われた。 comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 (以下「」からの抜粋) (1)意見提出を御希望される方は、に以下の内容を記載し(任意)、電子メール、FAX又は郵送にて以下(3)の提出先まで御提出ください。 国は、検査・監視体制を強化したのか、またデータ測定を行う時に立ち会ったのか。 「大型タンク貯留案」は、ドーム型屋根、水封ベント付きの10万m3の大型タンクを建設する案だ。 「二次処理」の効果や、残留する放射性物質の総量は未だに示されていない。

>

政策か、環境か? 原発汚染水の海洋放出を決めた日本を非難する韓国

これらの問題について議論してきたのが、経産省が設置した汚染水処理対策委員会の下部組織「多核種除去設備等処理水の取り扱いに関する小委員会」だ。 各国の在京大使館関係者向けに行われた小委員会報告書に関する説明会では、ひとまず批判や抗議の声は上がらなかったという。 しかし、現在設定されている「御意見を伺う場」で意見をのべるのは、関連団体などきわめて限定的であり、一般の市民が自由な立場から発言する機会は設けられていない。 その際には、透明性のあるプロセスで決定を行うべきだ。 一の8について 原子炉施設の安全を図る上で重要な設備については、法令に基づく審査、検査等を厳正に行っているところであり、こうした取組を通じ、今後とも原子力の安全確保に万全を期してまいりたい。 廃炉・汚染水対策関係閣僚等会議(議長・加藤勝信官房長官)を開催し、決める。

>

福島第一のトリチウム水「海洋放出」決定を延期へ

欧州連合(EU)諸国、太平洋に浮かぶ島国、米国は、この問題は日本の主権の問題であるとしながらも、海洋放出は海洋環境に影響を及ぼす可能性があるとして、日本の決定は国際協力に基づいて下されるべきだと付け加えている。 また、代替案も検討されていない。 このため、東電は多核種除去設備(ALPS、アルプス)に通すなどして、トリチウム以外の濃度を下げた汚染処理水をタンクにためている。 プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 4 東通原発1、2号機(着工準備中、改良型沸騰水型軽水炉ABWR、電気出力一三八・五万kw)については、「重要電源開発地点の指定に関する規程」(二〇〇五年二月一八日、経産省告示第三一号)に基づいて、〇六年九月一三日に経済産業大臣から指定され、九月二九日に原子炉規制法第二三条に基づいて東通原発1号機の原子炉設置許可申請が国に出された。 この日再度記者会見をしたのは、日本政府が10月下旬、海洋放出の決定を先送りしたのを受け、改めて反対の立場を示すとともに、コスト面を考慮して安易な判断をしないよう日本政府に呼び掛ける狙いがあったという。 その時間的な要素も勘案すれば、長大で丈夫なホースの敷設に要するコストは風評被害の広がりに伴うデメリットを相殺して余りあるのではないか。 政府内での検討を深めたうえで、適切なタイミングで政府として責任を持って結論を出していきたい」と述べ、早期に判断する決定の考えを鮮明にしていた。

>