陳 秋実。 武漢で行方不明になった中国人ジャーナリスト・陳秋実さんは無事?親交深い人物「まだ監視下だが健康だ」

陳秋実 陈秋实 陳秋實 Chen Qiushi 市民ジャーナリスト 中国人 行方不明 中国 武漢|極論空手形 / Extreme Argument Fictitious Bill|note

その後李さんは、私服警官に連れていかれました。 」 (本稿は筆者の個人的見解であり、所属組織を代表するものではない). 「今日午前、上海浦東拘置所で張展弁護士と面会した。 2月26日、中国メディア「財新網」は独自の調査報告を掲載しました。 しかし、陳さんはまだ中国当局の関連部門の監視下にあり、正確な位置は不明。 その病院は、患者であふれ、冬の寒い中、屋外で棒にぶら下げて点滴している姿や、検査キットがまったく足りないことなどを語っている。 武漢市の状況を外部に伝えたことで行方不明になった市民ジャーナリストには、他にも方斌さん、李澤華さん、張展さんがいる。

>

封鎖の武漢に決死の「単身突入取材」公民記者・陳秋実とは何者か(古畑 康雄)

そのほかに生活費が一日当たり90元かかり、どのホテルに泊まるかも指定され、すべて彼らが決定する。 張展さんが武漢で再度逮捕されたあと、国内外から注目され、現在中共当局に釈放を求める署名活動が行われています。 中国の人権活動家 危さん 「彼女は武漢のことで逮捕されたが、罪はない。 武漢市内の宿泊場所で撮影したとみられる動画では、涙ぐみながらカメラに向かって「死ぬことも怖くない。 体温を測っても、出勤して問題が出ると、すぐに隔離される」 河南省信陽市の王さんは「現地政府は、感染状況の深刻な地域である湖北省と広東省から来た人たちを強制的に隔離すると規定している。 元弁護士の張展さん(37)は、5月に逮捕されて以来、拘束が続いている。

>

陳秋実 陈秋实 陳秋實 Chen Qiushi 市民ジャーナリスト 中国人 行方不明 中国 武漢|極論空手形 / Extreme Argument Fictitious Bill|note

記事によると、昨年12月末までに、武漢では少なくとも9人の原因不明の肺炎患者に対するサンプリング検査を行い、「SARSに似たコロナウイルス」との検査結果が出ていました。 ウィーチャットでは今週から、ウイルス流行に関する問題をチャットしたグループの参加者がアカウントを凍結され、ウィーチャットに登録した連絡先や電子マネーにアクセスできなくなった。 陳氏のニュースを見て連想するのは、原因不明の新型肺炎に早くから警鐘を鳴らしたばっかりに、当局に目を付けられ拘束された眼科医、李文亮氏のことだ。 陳氏の母親はその日、青島公安局、国家公安局から、息子が隔離の名で拘束されたことを知らされたという。 バンクス議員は「世界が中共ウイルスについて理解するために重要な役割を果たしていた3名の中国人記者が失踪した。 彼とこの2週間前、東京で初めて会った筆者にとっても、予想すらしない動きだった。

>

陳秋実

ワン氏は中国共産党が「報道やソーシャルメディアに一定の自由を認めた後、パニックを広げる恐れがあるとしてソーシャルメディアに対する管理をいまや復活させようとしている」と語った。 If Chen Qiushi is in quarantine, the authorities must immediately reveal his whereabouts. 「前にはウイルス、後ろには中国の法律・行政」 自分が感染することの恐怖、司法局、青島公安局から接触があったこと(電話のようだ)、「恐いですよ、前にはウイルス、後ろには中国の法律・行政がいます」と語る。 徐さんは、情報の出所は伏せるとした。 2月以降、少なくとも3人の行方がわからなくなった。 中国の人権活動家 段さん 「中国の人民日報が報じたが、中国の『新黒五類』は、1番目が人権弁護士で、2番目は反体制分子、3番目は宗教だ。 当時は弁護士という立場での香港入りだったが、香港を離れる際、空港で弁護士証をカメラに見せながら「これは私の弁護士証です。 封鎖された都市に当時、単身で乗り込んだ市民ジャーナリストの陳秋実(ちん・しゅうじつ)さんは、現地の様子をライブ中継して、中国当局の感染症対応を批判した。

>

武漢から実況の中国人市民ジャーナリストが行方不明、当局は検閲強化

ネット上で噂されていた遺体運搬アルバイトの高額募集の真偽を突き止めるため、武漢の火葬場を訪れたこともあります。 2月6日、陳さんは中共ウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設・方艙医院の状況を確認のため「すぐに病院に行く」と言った後、連絡が取れなくなった。 流行はまだピークに達していないからだ」 武漢市民の徐武(じょ・ぶ)さんの父親は感染して入院中ですが、母親は熱も咳も出ていないのに連れ去られて強制的に隔離されたと言います。 2020年1月24日、 の最初に報告された中国入りし、本来はフリーの立場上取材は認められないものの、現地での実情を報道したが、2月6日に突如連絡が取れなくなった。 陳さんは行方不明になる前の1月末、自身のYouTubeで、自身が感染したり、拘束されたりする可能性について触れていた。 ツイッターは情報収集や、多くの人々が自らのひどい経験を記録する最後のとりでとなりつつある。 2月10日、警察は消防隊員を引き連れ、方斌さんの自宅のドアをこじ開け、方斌さんを逮捕しました。

>

【独自】武漢から情報発信、中国人ジャーナリストら2人行方不明…連行か : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

今月に入って米ラジオ・フリー・アジア(RFA)は彼女がハンガーストライキ(絶食)をしており、健康状態が悪いと報じた。 彼は裁判にかけられない」と語った。 冒頭に掲載したツイッター動画は、その短縮版)。 2人の動画が注目を集めたことは、中国に独立した報道機関が不足していることを反映している。 他にも、方斌の消息が何もなく、陳秋実も自由を奪われている」 張展さんは昨年9月、上海の街頭で「社会主義を終わらせ、共産党は退陣しろ」と書かれた傘を持って「香港の反送中運動」への支持を表明しましたが、当局に「騒動挑発罪」に問われ逮捕されました。 陳さんと親交が深い格闘家の徐暁冬(じょ・ぎょうとう)さんは、陳さんの両親から得た情報として「感染の危険があるため強制的に隔離された。

>