土砂 災害 警戒 区域 神戸 市。 神戸市:水防法等の改正による要配慮者利用施設における避難確保計画の作成等について

兵庫県/現在、指定に向けて取り組んでいる地区(土砂災害特別警戒区域等)

社会参加・自立支援• また、宅地建物取引業者が宅地または建物の売買をする場合は、警戒区域内である旨を重要説明事項として説明することが義務付けられます。 6 その他利用者の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な措置に関する事項 作成にあたって 施設の利用者の自力避難困難の程度や従業員数等を把握し、施設の規模・構造や利用者数等に応じた計画を作成する必要があります。 6 その他、利用者の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な措置に関する事項 避難確保計画に定めるべき事項 避難確保計画に定めるべき事項は、「水防法施行規則第16条」又は「土砂災害防止法施行規則第5条の2」に定められています。 他都市から神戸市へ• なお、水防法に基づく「自衛水防組織」の設置については、努力義務とされていますが、設置した場合には、遅滞なく市町村長に報告しなければなりません。 グーグルマップ同様の機能(住所検索、拡大縮小、航空写真への切替 など)• 企業誘致・新都市整備• 神戸市の組織• 土砂災害警戒区域はどうすれば確認できる? ハザードマップで確認 土砂災害警戒区域との判断がされると、災害情報の伝達や避難が早くでき、土砂災害から地域住民の生命を守ることができるようハザードマップに追加され、住民に通知するなど警戒避難態勢の整備が図られます。

>

兵庫県/【ソフト対策】土砂災害警戒区域等に指定されると

引き続き神戸市の他の地域でも調査を行います。 都市計画・まちづくり• 基礎調査には現地測量の実施や、土石の到達範囲を算出するなど詳細な調査が必要となるため、区域の判定には時間がかかります。 全てのスタンプを集めた方には六甲砂防事務所にて砂防カードを進呈します。 砂防指定地等のおよその位置をネット上で確認することができます。 土砂【土砂災害防止法】 土砂災害警戒区域内で、神戸市地域防災計画にその名称及び所在地が定められた施設です。 令和元年9月27日 灘区で56箇所の土砂災害特別警戒区域が指定されました。

>

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内の建築|鹿児島市

縦断面図(待受け擁壁のみ) 建築基準法第6条第1項第四号の建築確認申請の場合は、2及び3の書類は省略することができますが、設計図書にRC外壁等の位置や高さ等の明示は必要です。 ・土砂災害に関する情報の伝達方法 ・急傾斜地の崩壊等のおそれがある場合の避難地に関する事項(避難場所に関する情報) ・その他警戒区域における円滑な警戒避難を確保するうえで必要な事項 土砂災害警戒区域における新築住宅を建てる際の注意点 土砂災害警戒区域では、危険の周知や警戒避難態勢の整備について求められますが、建物の仕様や建築に対する規制は特にありません。 本デジタルアーカイブでは、80年前に発生した「昭和13年阪神大水害」の当時の映像や手記、被災された方々のインタビュー、当時の出来事から中高生が研究を行ったプロジェクトなどをご紹介しています。 葬儀・墓園・斎場• 平成29年12月26日 北区(淡河町、山田町(衝原、坂本、西下、東下、中、福地、原野、下谷上、柏尾台、青葉台)、有馬町周辺地区)で149箇所の土砂災害特別警戒区域が指定されました。 阪神・淡路大震災• 納付方法• 公害・環境問題• 敦賀市からの避難情報をよく確認の上、安全に避難行動をとってください。 施設・団体• 国民健康保険• 支援・助成• 詳しくは以下のページをご確認ください。

>

川西市防災マップ(ハザードマップ)|川西市

市営バス・市営地下鉄• 健康診断・予防接種・各種検査• 内水による浸水リスクは、紙面版に表示する浸水実績(平成16年台風23号) をご確認ください。 手当・助成・年金• (問い合わせ:078-595-6356) 『土砂災害警戒区域』(土砂災害防止法)とは 土砂災害から国民の生命及び身体を保護するため、平成13年4月に「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」 通称:土砂災害防止法 が施行されました。 新築を検討する際は土砂災害警戒区域についてハザードマップなどで確認し、安全第一を心がけて、下調べをしっかりとしたうえで土地を選ぶようにしましょう。 国民年金• まちの美化・ポイ捨て• 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内に居室を有する建築物を建築する場合は、主に次のような対応が必要になります。 また、開発行為等の各種申請時は、本サイトで区域外の場合でも、必ず兵庫県神戸土木事務所に申請の要否を確認してください。

>

神戸市:水防法等の改正による要配慮者利用施設における避難確保計画の作成等について

ひとり親家庭• その他• 土石流の警戒区域 細い川から、大量の土砂が水とともに流れだし、建物や道路を押し流す恐れがある区域を指定しています。 建築物の移転等の勧告及び支援措置 急傾斜地の崩壊等が発生した場合にその住民の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれのある建築物の所有者、管理者又は占有者に対し、特別警戒区域から安全な区域に移転する等の土砂災害の防止・軽減のための措置について都道府県知事が勧告することができることになっています。 なお、この場合も、神戸市への報告(提出)が必要です。 その他• 急傾斜地の崩壊の警戒区域• 軽自動車税• 作成した避難確保計画に沿って、避難の確保のための訓練を行った場合、下記連絡先に報告(提出)を行ってください。 1 防災体制• 災害種別(洪水・土砂災害)ごとの閲覧が可能• 国民健康保険• ごみ・環境• 東京都は、がけ崩れなどの土砂災害から都民の生命を守るため、土砂災害防止法にもとづき、土砂災害特別警戒区域と土砂災害警戒区域を指定しています。

>

土砂災害(特別)警戒区域の規制について教えてく...

<問合せ先> 基礎調査について 兵庫県 神戸県民センター 神戸土木事務所 公園砂防課 電話:078-737-2164 指定について 兵庫県 神戸県民センター 神戸土木事務所 管理課 電話:078-737-2135、078-737-2149 ハザードマップについて 建設局 防災部 防災課 電話:078-595-6356. 移転・改修支援 神戸市では、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内にある既存不適格住宅に対して移転、改修を支援する補助制度を設けています。 高潮想定では、第二室戸台風をモデルとした高潮が、赤穂港、坂越港、古池港で発生した場合の浸水想定を表示していますが、モデル台風を超える勢力の台風による高潮の場合には、さらに広い範囲で浸水することもあります。 公園・緑化・道路• 土砂災害特別警戒区域内に定められている事項等の照会について(別記第1号様式)の写し• ライフステージから探す• 特定の開発行為に対する許可制 特別警戒区域では、住宅宅地分譲や社会福祉施設、学校及び医療施設といった要配慮者利用施設の建築のための開発行為については、土砂災害を防止するために自ら施行しようとする対策工事の計画が、安全を確保するために必要な技術的基準に従っているものと都道府県知事が判断した場合に限って許可されることになります。 (3)チェックリスト(1部) (1)は2部、(2)は1部、(3)は1部ご提出ください。 神戸市ハザードマップ(土砂災害・水害に関する危険予想箇所) 外国語対応ハザードマップ(WEB版) 2. 建築確認申請について 建築確認申請に関する取扱いは、「」に基づき運用します。 構造詳細図• 移転支援事業 様式• 平成31年3月29日 東灘区で42箇所の土砂災害特別警戒区域が指定されました。 対象地区 閲覧期間 場所 問合せ及び 意見書 提出先 意見要旨に対する県の考え方等の公表期限 洲本市由良・上灘地区 令和2年 12月9日 ~ 令和2年 12月23日 ア. 市民参加・市民活動支援・ボランティア・広報広聴• 人権・男女共同参画・DV• その他• 園芸・緑化• 動物園・水族園、観光・レジャースポット• 街路樹・街路灯• 神戸港・海上アクセス• 住所検索により検索した住所を中心とするマップを表示できます。

>

【ホームズ】土砂災害警戒区域とは? 新築する際に知っておきたい基礎知識と注意点

病気・けが• 産業・雇用• 家庭・地域で「災害時の避難マップ」を独自で作成可能 防災マップ(紙面版) 配布場所は、川西市役所、川西南公民館、川西公民館、明峰公民館、多田公民館、緑台公民館、清和台公民館、けやき坂公民館、東谷公民館、北陵公民館、黒川公民館、大和行政センター、アステ市民プラザ、消防本部、南消防署、北消防署です。 青野ダム記念館の廃止(令和2年7月1日)に伴い、市指定避難所「青野ダム記念館」を削除しました。 上水道• UD・福祉その他• 接道義務・駐車場設置・開発許可・指導• 難病・特定疾患• 予想される災害(大雨、洪水、地震、津波等)に応じて、最も安全が確保できる避難所を選定し、開設することとしておりますので、最寄りの避難所が開設されない場合もございます。 芸術文化活動• また、土砂災害警戒区域のうち、建築物に損壊が生じ住民などの生命または身体に著しい危害が生じる恐れがある区域は、「土砂災害特別警戒区域 レッドゾーン 」となります。 宅地建物取引業者の皆さまへ• 兵庫県代表電話番号:078-341-7711 津波ハザードマップ (平成30年度避難所修正版) 赤穂市全域 赤穂小学校区 城西小学校区 塩屋小学校区 赤穂西小学校区 尾崎小学校区 御崎小学校区 坂越小学校区 高雄小学校区 有年小学校区 原小学校区 平成22年度版:赤穂市ハザードマップ 赤穂市の区域を10の小学校区に分割し、浸水・土砂災害想定と高潮想定に分けて作成しています。

>