大相撲 結果 優勝。 2018年の相撲

大相撲11月場所・幕内勝負結果 (千秋楽):時事ドットコム

2018年8月14日閲覧。 - 大相撲場所(・)• 1990年 平成2年 5月 西張大 14勝1敗 14場所ぶり2度目 1990年 平成2年 7月 東大関 14勝1敗 2場所連続3度目 場所後に横綱昇進。 1983年 昭和58年 3月 東横綱 15勝 2場所ぶり8度目 1983年 昭和58年 5月 東関脇 14勝1敗 初優勝 場所後に大関昇進。 勝敗差が同点の場合は番付上位者を優先していたが()、1947年6月場所からで同点者全員が対戦するようになり、番付下位者でも自力優勝のチャンスが生まれた。 - 大相撲阿蘇場所(・高森町民体育館)• 1888年 明治21年 5月 西前9 8勝0敗1預1休 明治22年 1月 西前1 小錦 7勝0敗1分1預1休 1889年 明治22年 5月 西関脇 9勝0敗1休 明治23年 1月 西小結 小錦 8勝0敗2休 1休は相手力士休場。 第42回(・)• 1990年 平成2年 11月 東張横 13勝2敗 5場所ぶり31度目 1991年 平成3年 1月 東大関 14勝1敗 初優勝 1991年 平成3年 3月 東横綱 13勝2敗 3場所ぶり8度目 1991年 平成3年 5月 東張横 14勝1敗 5場所ぶり4度目 小錦との優勝決定戦を制す。

>

大相撲11月場所・幕内勝負結果 (千秋楽):時事ドットコム

プロレス ケニー・オメガがAEW王座初戴冠 モクスリー破る []• プロレス [12月1日 0:00]• 1782年 天明2年 10月 西大関 谷風 7勝0敗1無勝負1休 天明3年 3月 西大関 谷風 5勝0敗1無勝負4休 1783年 天明3年 11月 西大関 谷風 8勝0敗1分1休 天明4年 3月 西大関 谷風 6勝0敗2預2休 1784年 天明4年 11月 東関脇 9勝0敗1無勝負 天明5年 - - - 不景気のため本場所開催なし。 対戦なし。 1846年 弘化3年 11月 東前8 紅葉川 6勝1敗1分2休 弘化4年 2月 東小結 小柳 稲川 6勝1敗1分2休 稲川は東前頭筆頭、6勝1敗2休。 1945年 昭和20年 6月 東前1 7勝 初優勝 1945年 昭和20年 11月 西横綱 10勝 3場所ぶり3度目 東前10のが同点。 - 【大相撲】 9月場所千秋楽恒例となる選考委員会が開催され、日本相撲協会審判委員並びに相撲担当記者による投票に於いてすべての賞で過半数を得た候補力士がいなかったため、三賞が1947年11月場所から制定されて以後、初となる『 三賞全て該当者なし』となった。 - 大相撲場所(・勝山市体育館ジオアリーナ)• - 越谷市制60周年記念 大相撲場所(埼玉県・) 夏巡業 [ ]• ボクシング [12月3日 11:36]• 大相撲 [11月30日 19:05]• - 【大相撲】で2014年9月に、所属していた力士が弟弟子を殴打する傷害事件があったことが判明した。 土俵際まで攻めれるが、そこからが弱い。

>

大相撲の各段の優勝賞金はいくら?地位が上になるほど高額に

競技結果 [ ] 大相撲 [ ] 本場所 [ ] 一月場所(初場所) [ ] ()を会場に、初日の2018年から千秋楽のまでの15日間開催された。 プロレス [12月1日 17:10]• 天明6年 3月 西大関 谷風 10戦全勝 1786年 天明6年 11月 東関脇 小野川 7勝0敗3休 天明7年 5月 - - - 番付発表のみして中止。 【大相撲】横綱稀勢の里が、11月場所5日目から休場することを発表、同場所は横綱不在となる。 ボクシング [12月2日 18:11]• 小結の優勝は約18年ぶりで、22歳3ヶ月での初優勝は年間6場所制以降の入門者では6番目の年少記録、初土俵から所要26場所は同じく史上4位タイのスピード記録となった。 - 【大相撲】3月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進7名(うち再十両5名)と、引退力士14名を発表した。 2013年 平成25年 7月 東横綱 13勝2敗 3場所連続26度目 2013年 平成25年 9月 東横綱 14勝1敗 4場所連続27度目 2013年 平成25年 11月 西横綱 14勝1敗 5場所ぶり6度目 白鵬との千秋楽結びの一番1敗同士の相星決戦を制す。 平幕優勝は2012年5月場所の旭天鵬以来約6年ぶりで、1場所15日制定着以降では20回目となった。

>

幕内は照ノ富士が30場所ぶりの優勝!令和2年大相撲七月場所、各段優勝力士・三賞受賞力士まとめ|好きです!大相撲

しかし番付と星取は概ね完全な形で現存しているので、「当時から優勝制度が存在していたら表彰されていたであろう力士」を遡って推定することができる。 元力士本人は引退済みのため処分されなかった。 応援している力士のひとり、朝乃山の優勝は正直言って想定外でした。 - 【大相撲】5月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進3名(うち再十両1名)と、引退力士4名を発表した。 予想していなかったけれど、とても嬉しい結果です! 若手もどんどん力をつけてきて、また大相撲を観る楽しみが増えました。 - 大相撲場所(・たつのこアリーナ)• プロレス [12月1日 17:06]• - 【大相撲】は横綱稀勢の里に対し、成績不振を理由に「激励」を史上初めて決議した。

>

大相撲優勝力士一覧

- 大相撲場所(福岡県・)• 13日目にはトップに並んでいた貴景勝、14日目には大関 朝乃山を相次いで破り、重圧がかかる終盤になっても勝負強さを見せました。 関連項目 [ ]• 貴公俊の師匠の貴乃花親方(元横綱・)は、貴公俊の監督責任に加えて、3月場所中に無断欠勤があったため2階級降格の処分となった。 - 【大相撲】 日本相撲協会評議員会が、前議長の任期満了に伴い議長の互選を行い、が新議長に就任した。 1989年 平成元年 9月 西横綱 15勝 2場所連続29度目 1989年 平成元年 11月 西張大 14勝1敗 初優勝 1990年代 [ ] 場所 番付 四股名 部屋 成績 優勝回数 備考 平成2年 1月 東横綱 14勝1敗 2場所ぶり30度目 1990年 平成2年 3月 西横綱 13勝2敗 5場所ぶり6度目 小錦・霧島 場所後に大関昇進 との優勝決定戦を制す。 - 【大相撲】 日本相撲協会が7月場所の番付を発表した。

>

大相撲秋場所 関脇 正代が初優勝

大相撲 [11月30日 19:35]• - 南加賀大相撲巡業(・)• - 大相撲場所(・延岡市民体育館)• - 【大相撲】横綱が7月場所を休場することがこの日に発表された。 1926年 大正15年 5月 西前8 10勝1敗 初優勝 西前12 が同点。 明治29年 1月 西前1 鳳凰 8勝1敗1休 1896年 明治29年 5月 東関脇 鳳凰 8勝0敗1預1休 明治30年 1月 西前8 7勝1敗1分1休 1897年 明治30年 5月 西前頭 荒岩 6勝1敗2分1休 明治31年 1月 西大関 鳳凰 7勝0敗2分1休 1898年 明治31年 5月 東大関 朝汐 大砲、梅ノ谷 7勝1敗1分1休 大砲は西張出関脇で6勝0敗2分、梅ノ谷は西前頭2で7勝1敗1分。 明和年間 1764年 - 1772年 [ ] 場所 番付 四股名 成績 備考 1764年 元年 10月 東前4 押尾川 6勝1敗1休 明和2年 3月 東小結 出水川 7勝0敗1分 1765年 明和2年 10月 西前3 関ノ戸 6勝0敗2無勝負 明和3年 3月 東小結 出水川 5勝0敗1分1預1無勝負 1766年 明和3年 10月 西前1 越ノ海 6勝0敗1分1預 明和4年 3月 東関脇 岩見形 7勝1敗 1767年 明和4年 10月 東小結 出水川 7勝0敗1分1休 明和5年 9月 西関脇 関ノ戸 5勝0敗1無勝負2休 1768年 明和5年 11月 西関脇? キョードー大阪• 2012年 平成24年 11月 東横綱 14勝1敗 4場所ぶり23度目 2013年 平成25年 1月 西横綱 15勝 2場所ぶり5度目 2013年 平成25年 3月 西横綱 15勝 2場所ぶり24度目 2013年 平成25年 5月 東横綱 15勝 2場所連続25度目 1909年6月以降、通算100回目の全勝優勝。 番付発表は。 結果は明生が豊昇龍、天空海を連続で下して初めての十両優勝。

>

歴代幕下優勝一覧 大相撲.jp

2015年 平成27年 7月 東横綱 14勝1敗 2場所ぶり35度目 2015年 平成27年 9月 西横綱 12勝3敗 9場所ぶり2度目 照ノ富士との優勝決定戦を制す。 両者の対戦は清水川の勝ち。 優勝インタビューで「続けてきて良かった」と語っていましたが、その言葉の重みは大相撲ファンなら誰もが感じたと思います。 - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・東美濃ふれあいセンター)• 1808年 文化5年 10月 東大関 柏戸 雷電 9勝1敗 雷電西大関で9勝1敗、直接の取組では柏戸に勝つ。 - 【大相撲】 日本相撲協会が臨時理事会を開催し、年寄貴乃花光司の退職並びに貴乃花所属力士・構成員(呼出、世話人)のへの所属変更を承認した。

>

幕内は朝乃山が初優勝!大相撲五月場所(夏場所)優勝力士・三賞受賞力士まとめ|好きです!大相撲

幕内優勝だと賞金以外の「副賞」も 幕内優勝の場合、優勝賞金1,000万円とは別に様々なトロフィーおよび「副賞」が授与されます。 1989年 平成元年 3月 西横綱 14勝1敗 2場所ぶり27度目 優勝決定後休場、1敗は不戦敗。 1998年 平成10年 7月 西横綱 14勝1敗 5場所ぶり19度目 1998年 平成10年 9月 東横綱 13勝2敗 2場所連続20度目 1998年 平成10年 11月 西前12 14勝1敗 43場所ぶり2度目 1999年 平成11年 1月 東関脇 13勝2敗 初優勝 若乃花との優勝決定戦を制す。 直接対決はなし。 プロレス [12月3日 12:26]• - 泉佐野市市制施行70周年記念 大相撲場所(・J:COM末広体育館)• 千秋楽は小結 御嶽海(みたけうみ)に敗れてしまいましたが、 富山県出身力士として103年ぶり、 小結以上の三役経験がない平幕力士として58年ぶりの優勝と記録に残る初優勝となりました。

>