就業 規則 意見 書 記入 例。 就業規則変更届に必要な意見書の記入例

就業規則を変更するには?就業規則の変更届の作成方法

出身地:奈良県。 労働基準監督署を始めとした行政調査では、怪しい部分があればあるほど調査の目は厳しくなる傾向があります。 必要書類を揃えた後にも、提出方法はいくつかあるので、上記を参考に、就業規則を変更したら速やかに提出するようにしましょう。 次のように定める分野ごとに規程類を分けている場合であっても、労働者に適用される勤務等のルールであれば全てが労働基準法の就業規則となります。 ただし、変更する場合は特に注意が必要です。 この記事の目次• 従業員にとっては不利益なことに間違いありません。 まず、注意点の1つ目としておさえておきたいのが、 「就業規則変更時の意見聴取について」です。

>

就業規則の意見書は誰が書くのでしょうか?

使用者職氏名• 146件のビュー• 場面5: 在宅勤務制度を設ける場合 在宅勤務制度や在宅ワークなど新しい勤務形式を導入する場合も就業規則の変更が必要になります。 確かに、現在の就業規則の内容を無理に維持したために会社が倒産でもしたら、それこそ本末転倒になってしまいます。 ここでは、就業規則変更届の記入例について、詳しく見ていきたいと思います。 就業規則変更手続きの進め方の注意点 注意点1: 就業規則変更時の意見聴取に関する注意点 注意点2: 就業規則変更届提出に関する注意点 注意点3: 変更後の就業規則の周知に関する注意点 このうち、 「就業規則変更手続きの進め方の注意点」についてはこの記事で解説通りの手順で進めていただければ問題なく対応が可能です。 そのため、その変更に際しては労働基準法で、意見書を提出する義務を課しているのです。 ご自由にダウンロードしてお使いください。

>

複数の事業所がある場合にできる就業規則の本社一括届出

電子申請 就業規則はe-Govにおいて電子申請で提出することも可能ですが、電子証明書が必要なのでご注意ください。 主な変更事項 (改正前)隔週土曜日を休日とする (改正後)毎週土曜日を休日とする 労働保険番号〇〇 事業場名〇〇 所在地〇〇 電話番号〇〇 使用者職氏名〇〇 業種・労働者数〇〇 就業規則の書き方 就業規則変更届の書き方について、それぞれの項目は以下の通りです。 その場で回答できなかった場合には、後日説明・回答するようにします。 本社と本社以外の就業規則が同じものであることが条件になります。 該当する会社で作成や届出ほか求められる手続きを行っていなければ、罰金の対象になります。 参考に届け出書と同じ東京労働局のものをご紹介します。 また、「経過処置」とは、賃金制度の変更により急激な不利益が発生しないように、変更を徐々に行うことを指しています。

>

就業規則 届出書式(意見書、就業規則届、就業規則変更届):社会保険労務士法人 HMパートナーズ

また規則の改定日につきましても、同じ理由で意見聴取後の日付となりますが、改定日=施行日とは決まっていませんので、それぞれ明確に分けて示す事が必要といえます。 就業規則の届出義務 就業規則は10人以上の事業場であれば労働基準監督署へ届出義務があります。 5.主な変更事項 主な変更事項を記入します。 従業員が誰でもアクセスできるファイルサーバー等にUPしてある 周知がきちんとなされていれば、少なくとも労働トラブルになった時に「就業規則を定めていなかった」等といった判断をされるリスクは回避できます。 裁判例1: 基本給を減額して固定残業手当を増やす就業規則の変更を無効と判断し、 「約540万円」の支払命令(スーパーマーケット東京豊洲店事件) 裁判例2: 年功序列型の賃金制度から成果主義型の賃金制度に移行する就業規則の変更を無効と判断し、 「約1200万円」の支払命令 (クリスタル観光バス事件) しかし、実は、就業規則変更の手続きについては、この記事でご説明する6つの注意点をおさえておけばトラブルなく進めることができます。 Step2:従業員代表者からの意見聴取 就業規則の変更については、作成時と同様に従業員代表者からの意見聴取が義務付けられています。 「咲くやこの花法律事務所」の就業規則変更手続きについてのサポート内容は以下の通りです。

>

就業規則変更届記入例・書き方・提出方法について!意見書が必要?

より詳しくいうと、複数の事業所がある会社のうち、一つの事業所のみの就業規則を変更する場合には、その事業所の所在地を管轄する労働基準監督署に提出します。 意見書を作成するためには、労働者の過半数の代表者の意見を書面にまとめる必要があります。 それでは、意見書の記入例を次の項でご紹介します。 2部作成する理由は、1部は労働基準監督署に提出する分、もう1部は 会社の控えとして受付印を押されたものが返却されるからです。 ・就業規則変更届 就業規則変更届は、おもな変更点を記載することで、就業規則の全文ではなく、変更箇所だけを添付して送付することも可能です。 ・災害補償、業務外の傷病扶助に関する事項• では、まず初めに就業規則の届出先についてご説明したいと思います。

>

就業規則の届け出に必要な意見書の記入例や様式、注意点をご紹介

必ずしも従業員の代表者の同意を得る必要はなく、意見を聴取したあと、意見書を作成します。 注意点5: 説明内容についての記録 個人面談の際に、従業員から質問を受けた項目とそれに対して会社側が行った回答の内容は必ず記録を取り、後日説明できるようにしておきましょう。 また、就業規則変更届を提出するためには、 変更届以外にも必要な書類を揃える必要があります。 本ブログでは、就業規則作成後の届出の流れと注意点についてわかりやすく解説していきます。 4.提出の目的 提出の目的を記入します。 不利益変更に該当する場合の同意書取得に関する注意点としては、以下の点をおさえておきましょう。

>