片桐 淳 至。 片桐淳至

【STAR+LINE vol.2】片桐淳至 「引退と新たなスタート」

国内リーグ戦に限る。 サッカーだけにこだわって次の道を探すのは良くないと思っていますが、引退後も「サッカー人」であることに変わりはないので、サッカーがまったくない生活は息苦しいですね。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 「現役生活は12年でしたが、長い間遠くからもご声援にきていただきありがとうございました。 に名古屋に復帰するも出番は無く、シーズン途中にの(現:)へレンタル移籍。

>

クラブ紹介

背番号10番を託された岐阜では主力として活躍し、14試合に出場し14得点を記録。 2013年、2部リーグのFKアウダの入団テストに参加していたが、契約には至らなかった。 岐阜でのラストゲームとなった2009年6月14日の湘南ベルマーレ戦には、6607人のファン・サポーターが駆けつけ、ミスター岐阜との突然の別れを惜しんだ。 J2初得点 - 2008年 J2 第7節 戦 タイトル [編集 ]• この には、 が 全くありません。 好きな選手… そうですね、今はやっぱり片桐選手でしょ… 岐阜のエースから甲府にはなくてはならない選手へ… 実は去年入ってきた時に、密かに「フジタの後継になるに違いない…」と、思ってたりしました。 地元に尽くしていきたい、今はその一心です」 岐阜を愛し、岐阜に愛された地元のスターがピッチを去る。 片桐の代名詞、鋭いドリブル突破は「ドリブル劇場」と評され、何度となく長良川を沸かせた。

>

片桐淳至 2012 選手データ

ホリコシではシーズン途中の加入ながらJリーグと海外リーグを経験した即戦力として重宝され、リーグ戦では10試合に出場し4得点を挙げた。 加部: それ片桐さんのことですか?(笑) 片桐: 遠回しに言ったんですけどね。 J2初出場 - 2008年 J2 第1節 戦• 最後は社会人リーグでプレーしていました。 今回のイベントを主催した(長谷川)太郎さんのように、引退試合をきっかけに現役生活を忘れることができる。 J2初得点 - 2008年 J2 第7節 戦 タイトル [ ]• 2013年8月13日現在。 名古屋グランパス、FCホリコシなどを経て、当時Jリーグを目指し東海1部リーグに所属していたFC岐阜に加入した。 、へ移籍。

>

ヴァンフォーレ甲府でプレーした高校サッカーのスター!片桐淳至と加部未蘭が語るセカンドキャリア

試合後行われたセレモニーで、岐阜の背番号10は、「一番下(地域リーグ)から、這い上がってきたサッカー選手として、さらに上のステージに辿りつけるように頑張りたい。 しかしはわずか12試合の出場にとどまり、同年限りで契約満了に伴い甲府を退団することとなった。 背番号10番を託された岐阜では主力として活躍し、14試合に出場し14得点を記録。 2009年シーズン途中より、ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍。 時代は絶対的エースであり2008年にはチーム内得点王に輝いた。

>

ヴァンフォーレ甲府でプレーした高校サッカーのスター!片桐淳至と加部未蘭が語るセカンドキャリア

名古屋グランパスへ入団した当初から練習への遅刻などが目立ち、度重なる規律違反に2年目にはクラブから謹慎処分を受けたこともある。 2011年は2005年の名古屋時代以来となるJ1の舞台で29試合に出場。 チームは1年でのJ2降格となったが、片桐個人としては大きく評価を高めたシーズンとなった。 その後もエースストライカーとして岐阜のJFL・昇格に大きく貢献した。 出典検索? 2013年8月 - 同年12月 個人成績 [編集 ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 30 5 0 5 1 0 0 10 1 0 0 0 0 0 0 0 0 アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2003-04 2004-05 日本 リーグ戦 期間通算 名古屋 30 J1 0 0 0 0 - 0 0 33 10 4 - 3 2 13 6 2006 10 14 14 - 3 1 17 15 JFL 32 7 - 2 0 34 7 39 9 - 2 0 41 9 18 2 - - 18 2 33 17 0 - 3 1 20 1 20 15 3 - 0 0 15 3 J1 29 1 2 0 1 0 32 1 8 J2 12 1 - 0 0 12 1 19 JFL - 通算 日本 J1 34 1 7 1 1 0 42 2 日本 J2 101 15 - 7 0 108 15 日本 JFL 42 11 - 5 2 47 13 日本 東海1部 14 14 - 3 1 17 15 アルゼンチン プリメーラ 総通算 191 41 7 1 16 3 202 45• 名古屋グランパスへ入団した当初から練習への遅刻などが目立ち、度重なる規律違反に2年目にはクラブから謹慎処分を受けたこともある。

>

クラブ紹介

現役選手として「その時にすべきことができなかった」と切り替えて、後悔がないように今の仕事を頑張っていきたいです。 サッカー教室には岐阜市内の小学生約300人が参加、ヴァンフォーレ甲府時代から親交の深いハーフナー・マイク選手、藤田健さんも指導に加わり、新たな挑戦への第一歩をサポートした。 ホリコシではシーズン途中の加入ながらJリーグと海外リーグを経験した即戦力として重宝され、リーグ戦では10試合に出場し4得点を挙げた。 チームは1年でのJ2降格となったが、片桐個人としては大きく評価を高めたシーズンとなった。 退団後、しばらく浪人状態であったが、2014年6月に引退を発表。

>

片桐淳至 2012 選手データ

片桐: サッカー界に「天才」って言われている選手がいると思うんですが、プロ選手になっている「天才」に努力していない人は一人もいません。 背番号10番を託された岐阜では主力として活躍し、14試合に出場し14得点を記録。 2013年8月 - 同年12月 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 30 5 0 5 1 0 0 10 1 0 0 0 0 0 0 0 0 アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2003-04 2004-05 日本 リーグ戦 期間通算 名古屋 30 J1 0 0 0 0 - 0 0 33 10 4 - 3 2 13 6 2006 10 14 14 - 3 1 17 15 JFL 32 7 - 2 0 34 7 39 9 - 2 0 41 9 18 2 - - 18 2 33 17 0 - 3 1 20 1 20 15 3 - 0 0 15 3 J1 29 1 2 0 1 0 32 1 8 J2 12 1 - 0 0 12 1 19 JFL - 通算 日本 J1 34 1 7 1 1 0 42 2 日本 J2 101 15 - 7 0 108 15 日本 JFL 42 11 - 5 2 47 13 日本 東海1部 14 14 - 3 1 17 15 アルゼンチン プリメーラ 総通算 191 41 7 1 16 3 202 45• 2004年• シーズン途中より、へ完全移籍。 その大会でインタビュアーの質問に対して「この大会は僕にとって就職活動の場」と発言した。 エピソード [編集 ]• ずっとサッカーに携わっていたいという気持ちはやまやまですが、 引退すると違う世界に触れられてこれまでにない感情や意欲が出てくるチャンスでもあります。

>