セレコキシブ 添付 文書。 医療用医薬品 : セレコックス (セレコックス錠100mg 他)

医療用医薬品 : セレコキシブ (セレコキシブ錠100mg「DSEP」 他)

セレコキシブの構造活性相関を推定するにあたり1,5-ジアリルピラゾール部分にさまざまな修飾を施すことが可能である。 制酸剤 アルミニウム製剤、マグネシウム製剤等 [本剤の血漿中濃度が低下し本剤の作用が減弱する恐れがある 機序は明らかでない ]。 原因療法があればこれを行い、本剤を漫然と投与しないこと。 デキストロメトルファン デキストロメトルファンの血漿中濃度が上昇し、デキストロメトルファンの作用が増強するおそれがある。 急性疾患(手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛)に対する使用において、初回の投与量が2回目以降と異なることに留意すること。 セレコックス添付文書 : Aliment Pharmacol Ther 37 3 : 346-54, 2013• CYP2D6の阻害作用によると考えられている。

>

セレコキシブ錠100mg「ニプロ」の添付文書

妊娠末期の婦人。 2005-04-06 and recommendation for agency action regarding nonsteroidal anti inflammatory drugs and cardiovascular risk'• 1.重大な副作用 1).ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、血管浮腫、血管炎、気管支痙攣等の重篤な過敏症の発現が報告されているので、このような症状が認められた場合は投与を中止し、適切な処置を行う。 9.高齢者。 11.制酸剤(アルミニウム製剤、マグネシウム製剤等)[本剤の血漿中濃度が低下し本剤の作用が減弱する恐れがある(機序は明らかでない)]。 このような癌症状にセレコキシブが有用か否かを明らかにするために、現在多くの試験が実施されている。 本剤には血小板に対する作用がないので、心血管系疾患予防の目的でアスピリンの代替薬として使用しない。

>

医療用医薬品 : セレコキシブ (セレコキシブ錠100mg「サワイ」 他)

] 肝障害又はその既往歴のある患者[これらの患者では血中濃度が高くなるとの報告があるので、用量を減らすなど慎重に投与すること。 得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、log 0. フルコナゾールを使用中の患者には本剤の投与を低用量から開始すること。 (高齢者への投与) 高齢者では患者の状態を観察しながら、慎重に投与する[一般に高齢者では生理機能が低下している]。 (重要な基本的注意) 1.本剤の投与により、心筋梗塞、脳卒中等の重篤で場合によっては致命的な心血管系血栓塞栓性事象が発現する恐れがあるので、観察を十分に行い、これらの徴候及び症状の発現には十分に注意する。 本剤の1年を超える長期投与時の安全性は確立されておらず、外国において、セレコキシブ製剤の長期投与により、心筋梗塞、脳卒中等の重篤で場合によっては致命的な心血管系血栓塞栓性事象の発現を増加させるとの報告がある。 なお、投与間隔は6時間以上あけること。 副作用. 抗血小板薬 クロピドグレル 等 本剤と抗血小板薬を併用した場合、本剤のみを服用したときに比べて消化管出血の発生率が高くなることが報告されている。

>

セレコキシブ錠100mg「日医工」

(「重要な基本的注意」の項参照) 慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対する使用において、本剤の投与開始後2〜4週間を経過しても治療効果に改善が認められない場合は、他の治療法の選択について考慮すること。 242 1 : 140, 2005 関連項目 [ ]• 8.本剤で報告されている薬理作用により、感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染症の発現に十分に注意し慎重に投与する。 , 278 6 , R1496-R1505, 2000. さらに、アテローム血栓性イベントを助長する第3の前提条件として、COX-2の発現増大は虚血プレコンディショニングの最終段階における循環器保護に重要な役割を果たす点があげられる。 対象 投与前の内視鏡検査で胃・十二指腸粘膜が正常であった健康成人189例(40〜74歳:平均57. 2).消化性潰瘍(0. 2019年12月9日閲覧。 リチウム[リチウムの血漿中濃度が上昇しリチウムの作用が増強する恐れがあるので、リチウム使用中の患者に本剤の投与を開始又は中止するときには十分に患者をモニターする 機序は明らかではないが、腎排泄を阻害するためと考えられている ]。

>

医療用医薬品 : セレコキシブ (セレコキシブ錠100mg「サワイ」 他)

重要な基本的注意• 上部消化管への安全性 2000年に発表されたCLASS試験は、COX-2選択性による消化管への安全性についての裏づけに引用された主要なエビデンスである。 原因療法があればこれを行い、本剤を漫然と投与しないこと。 妊婦等:• なお、投与間隔は6時間以上あける。 ロフェコキシブ等の他のCOX-2選択的阻害剤は、セレコキシブと比較して心筋梗塞の発症率が有意に高かった。 但し、1日2回までとする セレコキシブ錠100mg「DSEP」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• Chan, F. 1つは、過去に実施されたCOX-2阻害剤の全無作為化比較試験と他のNSAIDsの臨床試験における心血管系イベントの発生率を検討したもので、British Medical Journalに公表された。 1%) a)PPS(Per Protocol Set):治験実施計画書に適合した対象集団 b)変形性関節症では、患者の全般評価 c)変形性関節症では、医師の全般評価 d)ACR改善基準(変法)による改善率(以下の1)及び2)を満たす場合「改善」とする。

>

セレコキシブ錠100mg「YD」

McGettigan P, et al. 3%であり、有意差はなかった。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛:国内臨床試験では、手術後患者、外傷後患者及び抜歯後患者の安全性評価症例861例中、臨床検査値異常を含む副作用発現症例は113例(13. 国内で患者を対象に実施した臨床試験ではCOX-2に対して選択性の高い本剤と選択性の低い非ステロイド性消炎・鎮痛剤による消化管の副作用発現率に差は認められなかった。 2 : 2918, 2009• 低用量を含むアスピリンとステロイドまたは抗凝固薬の併用• Silverstein, F. )が一般名処方されている場合に算定できる。 〕 冠動脈バイパス再建術の周術期患者〔外国において、類薬で心筋梗塞及び脳卒中の発現が増加するとの報告がある。 1日2回投与で効果が持続。 消炎・鎮痛剤による治療は原因療法ではなく、対症療法であることに留意すること。

>

セレコキシブ錠100mg「ファイザー」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

腎保護作用のあるCOX-1を阻害しないCOX-2選択的阻害薬は従来のNSAIDsに比べ、腎への影響は小さいといわれてきた。 心機能障害• 冠動脈バイパス再建術の周術期患者[外国において、類薬で心筋梗塞及び脳卒中の発現が増加するとの報告がある]。 また、他の非ステロイド性消炎・鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的不妊が認められたとの報告がある。 3.急性疾患(手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛)に対する使用において、初回の投与量が2回目以降と異なることに留意し、また、患者に対し服用方法について十分説明する。 アルミニウムを含むもの• フロセミド、チアジド系利尿剤 トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジド等 [患者によっては他のNSAIDがフロセミド及びチアジド系利尿剤のナトリウム排泄作用を低下させることが示されているので、本剤と、フロセミド又はチアジド系利尿剤との相互作用は明らかではないが、併用する場合は相互作用の起こる可能性を考慮する 他のNSAIDでは、腎臓におけるプロスタグランジン合成阻害によると考えられている ]。 本剤の作用が減弱し、パロキセチンの作用が増強するおそれがある。 また、本剤はCYP2D6の基質ではないが、CYP2D6の阻害作用を有する。

>