コロナ ライン 調査 結果。 LINE、2,467万人が回答した第2回「新型コロナ対策のための全国調査」の全回答データを厚生労働省に提供 第3回は4月12日より実施予定|LINE株式会社のプレスリリース

第5回 新型コロナウイルス対策のための全国調査にご協力ください|LINEみんなの使い方ガイド

まとめ 十分な感染予防対策を行うことにより、園児がマスクを通常していない場合でも、保育園での施設内感染のリスクは極めて低いと考えられる。 厚労省は、調査結果を新型コロナの感染拡大防止対策に活用する。 「新型コロナ感染予防のためにしていること」を尋ねた質問では、「手洗い・うがいや手指の消毒をする」(89. 4%となっており、「何が正しい情報なのか、わかりにくかった」も肯定層が47. nui-icon--icon-paperviewer-print-sub,. nui-aspect-container--4-3 img,. 次いで、神奈川県(56%)、千葉県(55%)、埼玉県(54%)、福井県(54%)でした。 また、第4回「新型コロナ対策のための全国調査」を5月1日~2日に実施する予定です。 LINEリサーチ調べ。 2s;-moz-transition:border-bottom-color. 調査は、LINEが厚労省に協力し、3月31日と4月1日に実施。 ・緊急事態宣言が最初に発令された7都府県は全て、4月12-13日時点の3密回避の実施率は、全国平均よりも高い結果でした。

>

※最新※【LINEリサーチ】新型肺炎(新型コロナウィルス)に関する調査結果(2020年3月2日実施)|LINE for Business

)] 「時間や場所に縛られない働き方」や「家族との時間を優先できる働き方」に変化 全国で24時間スマホで呼べるベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」を運営する株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、キッズラインの利用者129名に「新型コロナウイルスによる働き方・ライフスタイルの変化に関する意識調査」に関するアンケート調査を実施。 エリア・年代別では、神奈川県の30代が体調不良の割合が最も高い結果(10. 動画制作などを手掛けるInSync(大阪市)は、自社の運営する価格比較・レビューサイト「ショップリー」において、新型コロナウイルスの感染症対策グッズを簡単に見つけられ、かつ最安値で購入できるようにするためのWebサイトを開設。 全国47都道府県で展開、現在4,500名以上の保育士や幼稚園教諭、主婦経験が豊富な方や整理収納アドバイザーなど弊社で面接および研修に合格したベビーシッターや家事サポーターが登録しています。 5度以上の発熱」「喉の痛み」「強いだるさ」「咳がひどい」「息苦しい」「下痢がある」「味・においがしない」などの体調不良症状のいずれかにあてはまる人を調査。 「マスクが手に入らない」も前回調査から20ポイント増。

>

厚労省とLINE、第1回目の新型コロナ調査結果を発表

送信数:82,928,693人• グループ(5)(専業主ふなど)は、他のグループと比較して、全国的に低い発熱率でした。 報道ベンチャーのJX通信社(東京都千代田区)は、新型コロナウイルス感染者の利用などの事例が公表された場所の情報を、地図上でピンポイントに確認できるマップの提供を開始した。 全体の24. 本アンケートはLINE株式会社において実施するものですが、上記協定に基づく情報提供に資するものですので、可能な限りご回答をいただけますようお願いいたします。 nui-icon--icon-paperviewer-web-main,. 在宅ワークや休職の経験をお持ちの方への取材も可能となりますので、働き方やライフスタイルの意識変化についてご取材をいただけますと幸いです。 発熱者の回答者における割合は第1〜3回にかけて上昇していたが、第4回で減少傾向が見られた• 利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価を見ることができ、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加しています。 その結果、感染の相談基準となる「37.5度以上の発熱が4日以上続く」と回答した割合は、飲食業などで働く人が0.23%で、医療・介護職(0.09%)や内勤職など(0.10%)、専業主婦ら(0.05%)よりも高い傾向が出た。

>

LINEリサーチ、新型コロナについての先行調査の結果発表。若年層の認識の甘さ露呈

この感染症の対策や治療にあたる医療・介護従事者やその家族、そしてあらゆる職業・職種、個人に対する偏見や差別につながるような行為は、断じて許されません。 LINEは、厚生労働省の新型コロナ対策のための調査に協力して、日本全国のLINEユーザー8,400万人を対象に、第5回「新型コロナ対策のための全国調査」を8月12日 水 〜13日 木 に実施いたしました。 用意していたマスクがなくなってきた、ドラッグストア等で入荷目途が立っていないことから心配している状況が見受けられます。 各調査の結果について下記の通りお知らせします。 これは条件がよくやりがいを見込める求人案件さえあれば転職もやぶさかではないということでしょう。 体調不良を感じる人を世代別に見ると、30~39歳が最も高く、10~19歳、60~69歳と若い、高齢者になるにつれ体調不良を感じていないという結果になった。

>

港区ホームページ/みなと保健所からのお知らせ(11月11日)「区内の保育園における新型コロナの事例報告」調査の結果、園内での感染リスクは極めて低いと判断

また、取得した情報は本目的における分析・調査の終了後、速やかに破棄されます。 nui-icon--icon-paperviewer-paper-spread,. そんな時世を反映した、転職に関する調査結果を、正社員で長く働きたい女性のための転職サイト「女の転職type」が公表しました。 ・対価を払ってもお願いしたい人はたくさんいる。 日本酒や焼酎、リキュール、ラム酒などを製造する菊水酒造(高知県安芸市)は、アルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」の製造を開始することを発表した。 5度以上の発熱」「喉の痛み」「強いだるさ」「咳がひどい」「息苦しい」「下痢がある」「味・においがしない」のいずれかの体調不良症状がある人をエリア・年代別で分けた結果、東京都が7. 3%と、半数を超えた。 園児への施設内感染は認められなかった。

>

発熱訴え、接客業多く 新型コロナで―厚労省・LINE調査:時事ドットコム

この結果の因果関係は全く不明だが、働き盛りとされる世代の割合が高くなっているので、仕事疲れにプラスしてコロナ疲れにより、身体の不調を感じやすくなっているのかもしれない。 例えば、本調査はLINEユーザーのみを対象としていること、重症者は回答しづらいこと、感染症予防の意識が高い人ほど回答する傾向にあることなどの可能性が考えられます。 nui-aspect-container--16-9 picture,. この先行調査では、現在の体調の状況や感染予防のためにしていることについて、157,734人が回答。 次いで、「マスクが手にはいらない」とマスク不足の心配は続いています。 みなと保健所は、 港区のみならず広く全国の保護者に保育園での感染の実態について知って頂くことを目的として、港区小児科医会・港区医師会、愛育病院、慈恵医大と協力し、区内保育園における積極的疫学的調査で濃厚接触者と特定された職員および園児の事例報告()をまとめました。 6%と、柔軟な働き方の取り入れはまだ改善の余地があることが分かった。 考察 園内の十分な感染予防対策を行っていることもあり、園児がマスクを通常していないにもかかわらず、園内での施設内感染のリスクは極めて低いと考えられる。

>