伯夷 叔斉 現代 語 訳。 Wikizero

伯夷・叔斉

此其尤大彰明較著者也。 子貢「先生、伯夷・叔斉ってどんな人ですかね。 允:まこと。 太公望にキ印扱いされた伯夷叔斉は革命後に食いはぐれ、仕方なく山に隠れてワラビを取って暮らし、さすがに腹が減って飢え死にした。 」 孔子家語・書き下し 孔子曰く、「克た不忌ま不、舊き怨みを念わ不るは、蓋し伯夷叔齊之行い也。 続きはこちら 「或ひと曰はく、「天道は親無し。 其 ( そ )れ 斯 ( これ )のみ。

>

天道是か非か・史記 現代語訳・書き下し文

しかし食いはぐれの歌に、突然天命うんぬんではワケが分からない。 だが私は伯夷の心に悲しみを見る、逸詩を見れば孔子の説とは異なっているように感じるからだ。 孔子は『道が同じでなければ、お互いに話し合うことができない』と言うが、これは人それぞれが自分の意志に従うべきだという意味である。 斉因 リテ乗 レ ジ勝 チニ尽 ク破 二 リ其 ノ軍 一 ヲ、虜 二 ニシテ魏 ノ太子申 一 ヲ以 テ帰 ル。 父が弟の叔斉を跡継ぎにしようとしたが、叔斉は兄の伯夷に譲ろうとし、ついに二人とも国を去り、文王を慕って周に行った。 魏 ぎ の 将 しょう 龐 ほう 涓 けん 之 これ を 聞 き き 、 韓 かん を 去 さ りて 帰 かえ る。

>

伯夷・叔斉

日本人の想像を絶している。 舜から禹の譲位では中央と地方の高官の推挙で、禹をまず官位に就け、数十年の官職の功績が優れていたので、その後に政権を授けた。 采薇の歌 餓死の直前に作ったとされる。 当時、息子が 父親の意見に反抗するというのはタブーでした。 [安倍道子] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について. は『論語』において、伯夷・叔斉は事を憎んで人を憎まない人であるから怨みを抱いて死んだのではない、と評価している。 (のちの)世にその孫臏の兵法は伝えられた。 とうとう(伯夷は孤竹から)逃げ去ってしまった。

>

天道是か非か・史記 現代語訳・書き下し文

」 意訳 伯夷と叔斉はさばさばとしていたので、成り上がりに失敗しても、怨まないで飢え死にした。 遂 ニ餓 - 二死 ス於首陽山 一 ニ。 神農・舜・禹の素晴らしい治世、あっという間に今では没落してしまった。 彼らが未練なく世を去ったということは到底信じられません。 伯夷(はくい)・ 叔斉(しゅくせい)は、古代中国・代末期の(現在地不明、一説に周辺)の王子の兄弟である。 彼は歴を著すことで、 後世に評価を委ねようとします。

>

伯夷・叔斉『天道是邪、非邪』(1)原文・書き下し文・現代語訳

天を恐れ敬い、正義に従い嘘をつかず、父母には孝行し、兄弟には親切にし、善事に心掛けたがそれを他人に説教しなかったのは、たぶん趙文子の行いと言えるだろう。 こうして 殷は滅び、新たに 周という国が誕生します。 」 伯 はく 夷 い 曰 い はく 、 「 父 ちち の 命 めい なり。 こうして書かれたのが 『』であり、 伯夷列伝はその根本にあるといえるでしょう。 彼曰く「この二人を殺してはなりません。 我 ( われ )は 則 ( すなわ )ち 是 ( これ )に 異 ( こと )なり。 儒者の狂信に付き合わず、史料をまじめに読むとこういう解釈も出来る。

>

史記 伯夷列伝(一) 要約

しかし、叔斉は兄を差し置いて位に就くことを良しとせず、あくまで兄に位を継がそうとした。 主君に仕えながら、命を惜しまず、かと言って向こう見ずにもならず、自分と同程度には友人の幸せを考え、君主に用いられるとよく働き、用いられないとさっさと引き籠もるのは、たぶん隨武子の行いと言えるだろう。 それを止めたのが です。 天が善人に味方して報いるというのであれば、これはどうしたことなのか。 ただし孔子はそれを恨まず、賢者として尊敬していた、という美談になっている。 国王不在で困った国人は次男の仲馮を王に立てた。 火が消えてから山狩りしてみると、母親と共に焼け死んでいた。

>

論語詳解114公冶長篇第五(22)伯夷叔斉旧悪を*

其の人と為り之 淵源 もといたる也、多く聞き而 誕 いつわり難く、內は 植 たちて以て其の世を 沒 おえるに足り、國家に道有らば、其の言や以て治めるに足り、道無くば、其の 默 もだしや以て生くるに足るは、蓋し銅鞮伯華之行い也。 」 太 たい 公 こう 曰 い は く、 「 此 こ れ 義 ぎ 人 じん なり。 これが仁と言えますか。 。 魏 ぎ 趙 ちょう と 韓 かん を 攻 せ む。 のち帰国した文公が即位して、一行のそれぞれに褒美を与えたが、介子山はそこから漏れたので、母親と共に山に引き籠もった。 『寒い季節になって草木が枯れたり萎れたりした時に初めて、松・柏が常緑樹であると分かる』とも言う。

>