Iphone 横向き 固定。 iPhoneで画面の回転を縦方向にロックする機能の使い方と解除方法、横向き固定の裏ワザも

iPhone、アプリ画面を横向きで固定する方法

Safariなどのアプリ画面を横向きに固定する アプリを起動して画面を横向きで表示 Safariを例にして紹介します。 それぞれのロック方法を知っておくと、スマホをより使いこなすことができるでしょう。 3連打です。 「アクセスガイドのパスコード設定」をタップします。 スマートフォンを傾けても画面が動かない場合は、画面が動かないように固定してロックされているので、解除しましょう。 ストレスフリーで自由自在に画面が固定されれば良いのですが、縦画面と横画面をロックする方法は異なります。 まずコントロールセンターで「画面縦向きのロック」をオンにします。

>

iPhoneでZoomの画面表示を横向きにする方法

色々と試して楽しんでみてください。 明らかに縦方向なのに画面が横向きにならなければOKです。 パスコードを設定する 確認のために同じ数字を2回入力してください。 YouTubeアプリで動画を横方向に拡大・固定するには 横方向に固定するニーズが高いのは、何と言ってもYouTube動画の再生時でしょう。 iOS 9以降のiPhoneで画面を横向きに固定(ロック)する方法です。 関連記事:. iPhoneで画面表示が横向きにならない原因 Zoomの画面表示を横向きにしたい時は、iPhoneを横に傾けてください。 オンにすると表示される「パスコード設定」をタップします。

>

iPhone、アプリ画面を横向きで固定する方法

画面縦向きのロックをオンにしていますが、その設定は無視されて横方向に固定されます。 勝手に画面がグルグル回ってゲームアプリがうまくプレイできない、 と困っていた方もこれで解消できそうですね。 usedoorをフォロー. でも、バーチャル背景を設定して閉じるをタップすれば、ちゃんと横向きになるので安心してください。 横向きロックする方法 まずは事前準備をしておきましょう。 iPhoneの画面表示が縦向きでロックされた状態に変更 指を下からスライドさせてもコントロールセンターが開かない場合は設定Appから コントロールセンター [App内でのアクセス]がオン[緑]になっているか確認してみて下さい。 アイフォンをヨコ向きにしたまま『ホームボタン』をトリプルクリック 3. 普段はあまり利用することのないアクセスガイドですが、画面の固定以外にもおもしろい機能がたくさん付いています。 iPhoneを横向き固定する方法 実はこの方法iOS9から利用でき、その際にもご紹介したのですが「知らなかった!」という方も多いと思いますので再度ご紹介させていただきます! ロックボタンの解除だけではできない さて、iPhoneで画面を横向きに固定したいなぁという時、 コントールセンターを出してロックボタンを押すと、 横向きにしていても縦向きで固定されてしまいますよね。

>

iPhoneの画面の回転を縦・横で固定(解除)する方法

iPhone X 以降のホームボタンがない場合は、画面の空いているところをタップすると終了します。 『動作』をオフにして『完了』をタップする 『動作』という項目が画面回転ロックに値するもので、オフにすると不許可になります。 重要 今回紹介した『AssistiveTouch』を使った方法での横画面固定は、コントロールセンターでロック状態になっていないとアイフォン本体の角度を変えたときに解除されてしまいます。 画面縦向きロックの状態で全画面ボタンをタップ 方法は次の通りです。 そして、YouTubeアプリで動画を再生中に、プレーヤーの右下に表示される全画面表示ボタンをタップします。 iOS9にアップデートして横向き固定ができなくなった方は、 下記の記事を参考にしてください。

>

iPhoneで画面の回転を縦方向にロックする機能の使い方と解除方法、横向き固定の裏ワザも

最後に 今回はiPhoneの画面を横向きでロックする方法を紹介しました。 画面ロックを解除するには、iPhoneの画面右上から下にスワイプして「コントロールセンター」を表示してください。 この画面が表示されず「アクセスガイドが開始されました」とだけ画面上に表示される人は一度ホームボタンをトリプルタップしてパスコードを入力してみてください。 オプションが表示されます。 iPhoneはWeb閲覧時に縦表示、横表示を自動的に切り替えてくれます。 Safariやメモなど、横向きに対応している標準のアプリも試してみましょう。

>

iPhoneでZoomの画面表示を横向きにする方法

アクセスガイドの設定ができるようになります。 iPhoneの画面を縦方向でロックしていないか? iPhoneの画面が回転してくれない場合、ユーザー自身が縦方向に画面をロックしているケースがほとんどだと思われます。 『鍵アイコン』をタップしロック解除する アイコンが暗く灰色になった状態が解除状態です。 画面を回転させる方法(ホームボタンのないiPhone) 画面をスワイプしてコントロールセンターを開きます。 画面ロックのアイコンが白くなっていると思うので、タップしてオフにしてください。 ここまでのステップは最初に一度設定してしまえばOKです。

>

iPhoneの表示の回転(縦向き/横向き)を固定/ロック解除

オフにしたら、画面の一番下から上にスワイプしてください。 これ以後も横向きでロックする時は、ここをオフにする必要があります。 (でも絶対に忘れないように) これで下準備は完了です。 ただし、バーチャル背景の設定中はiPhoneの画面の向きが固定される Zoomミーティング中は画面ロックを解除しておいた方が何かと便利ですが、僕はミーティングが終わったらまた画面録をオンに戻しています。 この状態で「完了」をタップすればOKです。 【iOS 9~】iPhoneの画面を横向きで固定(ロック)する方法 アクセスガイドを使うことで横画面できる(初回のみ設定が必要) コントロールセンターの画面ロックをオフに まず、コントロールセンターから縦画面での回転ロックをオフにしておきます。 【iPhone】画面を横向きに回転する方法 スマートフォンの向きが横向きになると一緒に画面も横向きに回転し、スマートフォンの向きが縦向きになると画面も縦向きになります。

>