大阪 東洋 陶磁 美術館。 特別展「黒田泰蔵」大阪市立東洋陶磁美術館

国宝を含む珠玉のコレクション 大阪市立東洋陶磁美術館

その美を追い求めた男にもまた、語り尽くせぬ物語がある。 【国宝 飛青磁 とびせいじ 花生 元時代 大阪市立東洋陶磁美術館蔵 住友グループ寄贈/安宅コレクション 】安宅コレクション最初の国宝指定物件。 日本陶磁やペルシャ陶器も合わせ約4000点を収蔵。 いつもは混雑していないが、今回はマリメッコも展示内容にあるからか女性の見学者が多く平日にもかかわらず混雑していました。 大変見応えがあるコレクション でしたので、常設展のみの時にも 又訪ねたいと思っています。 主に中国の宋・金時代に作られた様々な種類の天目茶碗と、同じ系譜に連なる黒釉陶器、合わせて24点が展示されています。 会場にはあいさつ文以外に長文の解説パネルはなく、その代わり一点一点にキャプションで解説が付されています。

>

展覧会情報

大阪市は1982年に美術館を設立。 黒田泰蔵さんの白は、真理を求めてやまない心の色である。 つまり、彼にとってうつわは「空間に描く抽象画」。 物理学や数学の理論と芸術をつなぐ考え方が非常に衝撃的で、夢中になりましたね」と振り返る。 この茶碗を作るために、多くの研究と試行錯誤が重ねられたことでしょう。

>

極限まで削ぎ落とされた白さとかたちが表現するもの――東洋陶磁美術館「黒田泰蔵」展について|現代アートは本当にわからないのか?|村上由鶴

取っ手のない少し大きめのマグカップのような形状ですが、縁(ふち)がひたすらに薄く、真横から見ると直方体に見えながらも、上から見ると非常に美しい円形をしています。 白磁の作品を初めて発表した1992年からは、これが創作の中心となってゆきました。 東洋陶磁美術館が所蔵する国宝の天目茶碗も展示されていました。 白磁の作品を初めて発表した1992年からは、これが創作の中心となってゆきました。 展示室にはそのほか、主・前田家に伝来したの天目や、放射状のグラデーションが美しい禾目天目など、見どころの多い作品が並んでいました。

>

1000点を超える陶磁器は圧巻、関西では必見『大阪市立東洋陶磁美術館』

8 ;background:-moz-linear-gradient top,transparent 0,rgba 0,0,0,. 文化財指定データ 国宝『七星剣』 飛鳥時代に作られた、反りのないまっすぐな刀「直刀」で、聖[…]• 2s linear;-moz-transition:opacity. この展示エリアには中国・宋時代の作品が展示されています。 本作は、小さな口に張った肩をもち、胴裾にかけてすぼまる、黒田の「梅瓶」として知られるかたちです。 施設情報を訂正・追記する クチコミ (74件) 2020年9月初旬の日曜日、『天目 中国黒釉の美』展を観に行ってきました。 マリメッコのパターンの展示や それを使った茶室なども作られて いてこちらも面白かったです。 1980年に安宅産業が伊藤忠商事に吸収合併されると、メインバンク住友銀行を含む住友グループにより、大阪市に寄付された。

>

大阪市立東洋陶磁美術館

1s linear;box-shadow:0 2px 4px 0 rgba 0,0,0,. 丁寧に磨かれた滑らかな表面と、豊かな曲線による均整のとれたかたちは、黒田作品の特徴をよく表しています。 。 指導し、偉大なコレクションに創りあげた安宅英一氏( 1901~1994)のコレクション収集過程、を時系列的に整理し、英一がどのような気持ちで一点一点を手中に収めて行ったか、その時々のエピソードも掲示しながら展示されていました。 32 ;border-radius:3px;opacity:0;-webkit-transition:opacity. つまり、言葉にならないことを、かたちにして共有する方法だと捉えているのでしょう。 国宝『飛青磁花生』 大阪の豪商「鴻池(こうのいけ)家」に伝来したもので、戦中~戦後の10大商社の1つだった「安宅産業」のコレクションになっていた。 しかし、特別展の説明はやや長く詳しいのは良いのですが、字も小さく、英語の説明もなく、外国の人も多かったのでこのあたりは改善を望みます。

>

展覧会情報

来館される方に、自分の目で見てすばらしいと思った気持ちを大切にしてほしいのです。 特に目を引かれたのは、複数の作家による、茶碗を再現した作品です。 かつて、誰かをもてなすために使われたであろう場面を想像してみました。 天板には、焼成前に意図的に大きな割れ目が入れられています。 国宝『飛青磁花生』 花生とは 茶の湯で使用する、草花を生ける(活ける、入れる)器のことで、「花入」ともいう。

>

大阪市立東洋陶磁美術館 クチコミ・アクセス・営業時間|キタ(大阪駅・梅田)【フォートラベル】

轆轤の回転運動によって、垂直に引き上げられた円筒形は、円と直線で構成されるシンプルなかたちです。 2017年にニューヨークメトロポリタン美術館で開催された展覧会を再構成した展示で. 大阪のリバーサイド、中之島の歴史ある街並みに調和する美術館だ。 5s infinite linear;-o-animation:spinAround. 写真:六田知弘 安宅英一は、かつて日本で十指に入るといわれた総合商社、旧安宅産業株式会社を率いた人物だ。 たしかに、彼の作品のなかでも、直線と円形だけで構成される最も削ぎ落とされたかたちは、攻めの静謐とも言えるような、黒田のストイックさを象徴的に表しています。 文化財指定データ 国宝『彩絵桧扇(檜扇)』 平家一門による奉納品[…]• 新しい職場では、伊藤郁太郎館長から多くのことを教わったが、特に心に残っているのは「一流のものを見なさい。 梅瓶を意識した作品から、轆轤の回転運動をそのままに、直線と円とで構成される「円筒」まで、作家を代表する造形によって黒田泰蔵の世界をご覧いただきます。 修士論文は、「抽象表現主義とゆらぎについて」。

>

極限まで削ぎ落とされた白さとかたちが表現するもの――東洋陶磁美術館「黒田泰蔵」展について|現代アートは本当にわからないのか?|村上由鶴

ところで。 29 【説明】飛青磁は古くから茶人が珍重しているもので、釉面に点々と鉄斑文のある青磁をいう。 後輩たちにも、「ビジョンをしっかりもつことは大事だが、同時に好奇心と柔軟な発想を大切にしてほしい」と語る。 大阪市の博物館・美術館・文化財情報 大阪市の博物館・美術館・文化財協会など、このサイトでご紹介している各施設へのリンクです• 円錐は、真横から見ると三角形ですが、立体としては曲面によって構成されます。 手洗い・マスク等、自分にできる感染対策を心がけたいものです。 要素を切り詰めて切り詰めた結果、そのシンプルさがむしろ奇抜に、過剰にさえ見えてくるようなうつわといえるでしょう。 円筒には、「見えるもので、見えないものを現す」ことによって作家としての責務を果たす、という黒田の思いが込められています。

>