安全 保障 関連 法 に 反対 する 学者 の 会。 大失笑!学術会議の任命拒否の珍教授らは「安倍政権の全てを否定することが子孫への責務」と主張する団体の大幹部!とても学問とは言えない活動家もどきの行動も!!こんな人たちに税金を投入するべきではない!

メッセージ

この言葉には科学のかけらも存在していない。 益川 敏英 (京都大学名誉教授 物理学/ノーベル賞受賞者)• (法政大学教授 政治学)• (東京大学名誉教授 経済学)• (大阪市立大学名誉教授 経済学)• 日本学術会議が推薦した会員候補6人が任命されなかった問題で、「安全保障関連法に反対する学者の会」は14日、東京都内で記者会見し、「6人が任命見送りになった経緯と理由を明らかにし、すみやかに任命すること」を求める抗議声明を発表した。 ただ、その周りにいる輩が問題。 この運動の思想は、路上から国会にもたらされ、地殻変動のごとく市民社会を揺るがし、生活の日常に根を下ろしつつある。 海部 宣男 (国立天文台名誉教授 天文学)• しかも、この博士論文は森本あんり氏など高名な研究者からボロクソに批判された。

>

アピール

しかも、彼は同じく安全保障はスーパーど素人なのに 「安全保障関連法に反対する学者の会」の呼び掛け人に参加し、2014年には「安倍政権の全てを否定し、あらゆる手段を使う!」とファシズム丸出しの「立憲デモクラシーの会」呼びかけ人を務めた。 そして、メディアが「反政府だから承認しなかった」というのも大嘘だということがわかる。 思想の自由。 二度と再び、若者を戦地に送り、殺し殺される状況にさらすことを認めることはできません。 まずは、国民の皆さんには、こうした事実を知っていただき、政権の判断を受けとめていただければと思う。

>

学術会議任命拒否 安保関連法反対の学者が抗議声明 益川氏「長く糾弾されるだろう」

樋口 陽一 (憲法学者 法学/日本学士院会員)• この動きをさらに広げて、憲法に従った政治を回復するために、あらゆる行動をとることを宣言する。 中国やロシア、南・北朝鮮が『国家の理想』と思っている国民など、ほとんどいないはずだし、誰も戦争などしたくない。 このような行為は、ひいては研究者の学問の自由を侵害し、思想表現の自由の抑圧につながりかねません。 三島 憲一 (大阪大学名誉教授 哲学・思想史)• 鷲谷 いづみ (中央大学教授 保全生態学)• しかも、2017年6月、 「共謀罪」の趣旨を含む改正組織犯罪処罰法案について、参院法務委員会の参考人質疑で、「戦後最悪の治安立法となる」と批判している。 浅倉むつ子・早稲田大学名誉教授は、「政府のいいなりになる学者ばかりが育つ社会は発展しない。

>

安全保障関連法に反対する学者の会

政府の意に沿わない人物は排除しようとする菅政権の意図が浮かぶ。 名護市の米軍新基地建設問題を巡っては18年、他の学者らとともに政府の対応に抗議する声明を発表。 この中で政府から拒否されていた6人の学者のことをよくよく調べてみると驚愕の事実が判明した。 金子 勝 (慶応義塾大学教授 財政学)• 堀尾 輝久 (東京大学名誉教授 教育学)• 横湯 園子 (前中央大学教授・元北海道大学教授 臨床心理学)• 2020.10.12 益川敏英」 抗議声明では、6名の被推薦者が任命見送りになった経過と理由を十分に明らかにすること、6名の任命見送りを撤回し速やかに任命することが要求された。 戒能 通厚 (早稲田大学名誉教授 法学)• 2020年10月14 日(水)10時半より東京都千代田区・学士会館にて「安全保障関連法に反対する学者の会」(以下「学者の会」)が、菅義偉総理による日本学術会議会員被推薦者6名への任命拒否に対する抗議声明を発表する会見を開いた。

>

学術会議介入/日本の国益損ねる/安保法反対学者の会が抗議

しかも、会員の推薦も不透明と来た。 君島 東彦 (立命館大学教授 憲法学・平和学)• こないだの大阪都構想の時も「大阪市の未来を守る会です」 とか言ってたけど車には共産党って書いてあったわ。 ( ) 菅総理には、総理就任記者会見での言葉の実行を期待したい。 (奈良女子大学名誉教授 日本近代史)• 内海 愛子 (恵泉女学園大学名誉教授 日本-アジア関係論)• 「学者の会」に寄せられた署名者の数は現在、学者・研究者14120人、市民30957人に達し、声明等の行動に立ち上がった大学は140大学以上に及んでいる。 (編集委員・) 「安全保障関連法に反対する学者の会」の抗議声明(全文) 菅義偉首相が日本学術会議会員…. 単なるイデオロギーの主張だ。 これ以上、彼らに政権を任してはいけない」と語りました。

>

安全保障関連法に反対する学者の会

第3に、手続上も違法です。 小林 節 (慶應義塾大学名誉教授 憲法学)• (早稲田大学教授 憲法学)• 学者の会は、この日よりこれまで15回の集会やシンポジウムなどを開催し、のべ1万2000人を超える方々と学び、考え、行動をともにしてきました。 中央省庁人事の官邸支配、内閣法制局の破壊、モリ・カケ・サクラ等での公文書管理破壊(つまり国民監視の排除)、辺野古埋立てでの地方自治破壊、検察官人事支配による政権犯罪取締りの排除、そして学術会議人事への介入です。 日本が戦争当事国となり、自衛隊が国際法違反の「侵略軍」となる危険性が現実のものとなります。 佐藤学・学習院大学特任教授は「学問の自由、学術会議の独立性を侵害し、学問を冒とくするものだ」と批判。

>

大失笑!学術会議の任命拒否の珍教授らは「安倍政権の全てを否定することが子孫への責務」と主張する団体の大幹部!とても学問とは言えない活動家もどきの行動も!!こんな人たちに税金を投入するべきではない!

頑張りましょう! なお私はブログ「リベラル広場」を運営しています。 先頭に立っているのはガチガチの共産主義者。 2020年10月15日 木 学術会議介入 日本の国益損ねる 安保法反対学者の会が抗議 (写真)記者会見する安全保障関連法に反対する学者の会呼びかけ人の各氏=14日、東京・学士会館 「安全保障関連法に反対する学者の会」は14日、東京都内で記者会見を行い、菅義偉首相による日本学術会議の会員任命拒否に対する抗議声明を発表しました。 以上 2020. ただ、個々の人事に関する意思決定過程についてお答えすることには当然限界があり、ご理解いただきたいと思うが、引き続き、任命の考え方などについては、しっかり説明していきたい」と述べました。 声明では「日本学術会議法は政府からの独立性をうたい、首相の任命権を制約している」と指摘。 会見には「学者の会」呼びかけ人の、朝倉むつ子氏(早稲田大学名誉教授 法学)、内田樹氏(神戸女学院大学名誉教授 哲学)、大沢真理氏(東京大学名誉教授 社会政策)、小熊英二氏(慶應義塾大学教授 歴史社会学)、戒能通厚氏(早稲田大学名誉教授 法学)、久保亨氏(信州大学特任教授 歴史学)、佐藤学氏(学習院大学特任教授 教育学)、山口二郎氏(法政大学教授 政治学)ら8名が登壇し、それぞれが抗議と意見表明を行なった。

>