Who マスク。 the8days.com : 5歳未満の子どもにはマスク推奨せず、WHOが指針

「感染拡大地域ではマスクを」WHOが指針を大幅修正

WHOのテドロス事務局長は5日、スイスのジュネーブにある本部で定例の記者会見を行い、新型コロナウイルスに関わるマスクの使用についての指針を新たな証拠に基づいて更新したと発表しました。 これまでは概ね「症状のある人=感染性あり」だった WHOはこれまで「症状がある人のみマスク着用を推奨」という立場をとっていました。 ウイルスの構造上、新型コロナウイルスとヒトコロナウイルスとでマスクの効果が変わる可能性は低く、新型コロナでもマスク装着は有用と考えられます。 一方で、12歳以上は大人と同じ指針に従わせるのが望ましいとした。 WHOとユニセフは共同声明を通し、幼い子どもは大人に比べて感染しにくく、他人にもうつしにくい可能性があるが、「これは子どもの年齢によるかもしれない」と指摘。 「Stay Healthy(ヘルシーでいよう!)」と繰り返し発音していますが、特に「th」の発音の際に飛沫が多く飛んでいることが分かります。 さらにテドロス事務局長は「感染が広がっている地域の医療機関で働く人は、新型コロナウイルスの患者の対応をしていない人も含め、すべて医療用マスクを着けることを勧める」としているほか、「局地的に感染が広がっている地域で人との間に距離をとることができない場合、60歳以上の人と基礎疾患のある人は医療用マスクを着けるべきだ」としています。

>

WHOがマスクに関する方針転換 無症状者のマスク着用によるエビデンス(忽那賢志)

会話によって発生する飛沫をレーザー光を当てることで可視化したものです。 マスク着用に関する新たな指針を年齢別に示した。 同じコロナウイルス感染症であるSARS(重症急性呼吸器症候群)では発症から10日後に感染性のピークが来ます。 その一方で、平均5日間から6日間とされるウイルスの潜伏期間中、みずからが感染していると気付いていない人が他の人にうつさないためにはマスクの使用が役に立つこともあるという見解を初めて明記しました。 (CNN) 世界保健機関(WHO)と国連児童基金(ユニセフ)は24日、5歳未満の子どもに他人への感染を防ぐ目的でマスクを着けさせることは推奨しないとの指針を発表した。 また、これらの地域で人との間に距離をとることができない場合、60歳以上の人と基礎疾患のある人は、医療用マスクを着けるべきだとしています。

>

「感染拡大地域ではマスクを」WHOが指針を大幅修正

一方で、綿やガーゼの場合、複数の層に重ねてもナイロンやポリエステルを重ねて作ったマスクより効果が低いとしています。 一方、健常者が家庭内などでマスクを着用することで一定の予防効果があることを示す「限られた証拠」はあるものの、地域全体での着用で「新型ウイルスを含む呼吸器系の感染症を予防できる証拠はない」と結論付けている。 このほか医療用ではないマスクの場合、異なる種類の生地を重ねて作る必要があるとしたうえで、例えば、ナイロンとポリエステルを重ねて2層にしてマスクを作った場合、1層だけで作るより2倍から5倍の効果があるとしています。 しかし、当然ながら発症前の時期、あるいは無症候性感染者では咳やくしゃみなどの症状はみられません。 テドロス事務局長は「マスクだけではウイルスから身を守ることはできない」と述べ、引き続き、人との距離をとることや手を清潔に保つことなどが大切だと呼びかけました。

>

WHOがマスクに関する方針転換 無症状者のマスク着用によるエビデンス(忽那賢志)

米疾病対策センター(CDC)が2歳以上の子どもにマスク着用を勧める立場とは食い違っている。 一方で、「感染が広がっている地域や疑いのある地域」について、具体的な説明はなく、各国に判断を委ねる形となっています。 マスクをつけているから自分は安心、と思わず基本的な感染対策もおろそかにしないようにしましょう。 この中でテドロス事務局長は「感染が広がっている地域の公共交通機関や店舗などで人との距離をとることが難しい場合は、マスクを着けるよう各国の政府が勧めるべきだ」と述べ、これまで健康な人が一般向けのマスクを着けても感染を予防できる根拠はないとしていた指針を大幅に修正しました。 出典: 日本人的には症状があろうとなかろうとマスクを着用することに何の違和感もないかと思いますが、これまでWHOは症状のない人がマスクを着用することを推奨しておらず、症状がある人に限定してマスク着用を推奨していました。 5歳未満の子どもについては、専門家らの意見に基づく見解として、マスクは不要とした。

>

WHOがマスクに関する方針転換 無症状者のマスク着用によるエビデンス(忽那賢志)

WHOは、健常者が広範にマスクを着用することによる予防効果の証拠はなく、各国がマスクをめぐる政策を決定する際には、目的を明確にすることに注意すべきだと呼び掛けた。 これらの知見に基づき、WHOは「流行地では無症状者も公共交通機関利用時などではマスク着用」という方針に切り替えたものと思われます。 感染した日からの感染性の推移(Science 10. この方針転換にはどういった背景があるのでしょうか。 6月5日、WHO(世界保健機関)は症状がない人に関するマスク着用の推奨に関し方針転換を行いました。 「」とする研究もあり、これらのことから症状がなくても会話などで新型コロナが伝播する可能性が示唆されます。 配慮すべき要因として、地域の感染状況や社会的、文化的背景、子ども自身のルールを守る能力、大人による適切な監督の有無、学習や心理社会的発達に及ぼし得る影響、さらにその子どもが持つ障害や基礎疾患が挙げられている。 6~11歳では個別のリスクに応じた判断が求められる。

>

WHO “マスクには一定の効果” 指針の内容を更新

新型コロナは発症前に感染性のピーク しかし、新型コロナはこれまでの呼吸器感染症とは異なり、発症する前から人にうつしていることが明らかになってきました。 飛沫を浴びるなど明らかに汚染した場合にはこまめにマスクを交換するようにしましょう。 それによりますと健康な人が一般向けのマスクをつけても感染を予防できる根拠はないと改めて指摘しています。 またご自身の感染予防のためにはマスク着用以上に、手洗いをこまめに行うことが重要です。 これは、新型コロナ以前に知られていた呼吸器感染症(咳などの飛沫から広がる感染症)は症状が出てから感染性が出るという原則に則ったものです。 WHO=世界保健機関が5日、公表した新型コロナウイルスに関わるマスクの使用についての新たな指針では、これまで健康な人が一般向けのマスクを着けても感染を予防できる根拠はないとしていた指針を大幅に修正し、「マスクは健康な人の予防などに使うことができる」としています。 さらに「医療用マスクは医療従事者に行き渡らせなければならない」と強調し、一般の人が医療用マスクを使うのを控えるよう呼びかけるとともに、医療用マスクを使えば予防できるという誤った理解によって、手洗いや人との距離をとるなどの予防の措置がおろそかになりかねないと懸念を示しています。

>

WHOがマスクに関する方針転換 無症状者のマスク着用によるエビデンス(忽那賢志)

ただ、「感染が広がっている地域」がどういった場所を示すのか具体的な説明はなく、各国に判断を委ねる形となっています。 前半がマスクなしで会話した場合の飛沫の拡散、後半がマスクを着けた状態で会話した場合の飛沫の拡散を見たものです。 。 これがほとんど無視できる量であれば良いのですが、新型コロナの感染伝播の総量を100とすると、この発症前の無症状者からの伝播が45%、そして無症状のまま経過する無症候性感染者からの伝播が5%ということで、合計50%は無症状者からの伝播であることが分かっています。 また日本小児科医会はを発表しています。

>