山本 康介 バレエ。 元バーミンガム・ロイヤル・バレエ ファーストソリスト“山本康介”が語る「英国バレエ」の本質とは?|株式会社世界文化ホールディングスのプレスリリース

山本康介解説!「ローザンヌ国際バレエコンクール2020」 若い身体が切り開く表現の可能性

ピルエットもきれいです。 バレエの未来を変える逸材となるかもしれません。 ご希望の方は本セミナーをオーディションとして受講することができます。 クラシック部門では『ラ・バヤデール』影の王国の第3ヴァリエーションを踊りました。 *また、公演時期に入場規制が緩和された場合、間引いたお席の販売を致しますので、あらかじめご了承下さい。

>

《東京》『ATP 冬セミナー2020』11月28日・29日に開催(講師:山本康介、マイケル・シャノン、中村恩恵)

1は「僕の来歴と現在について」。 2000年バーミンガム・ロイヤル・バレエ入団。 ・ライブ配信チケット購入特典として出演者の挨拶やリハーサルの模様などの動画を予定。 先生達は、子供達一人一人をしっかりと指導してくれていると、感じています。 バレエは芸術ですから順位当てゲームをやっても意味はないと思っています。 2019年の第1回公演の成功に続き、 2020年11月23日(月祝)に上演されるでは、同団体初の全幕となる 『ジゼル』を上演します。

>

《兵庫》Ballet Company West Japan 第2回公演『ジゼル』(振付:山本康介/ジゼル:中村祥子)2020年11月23日(月・祝)神戸文化ホールで上演/ライブ配信も決定!

ジョアキンは『パキータ』では、ジャンプに突き抜けるようなクリアさに欠け、強弱なく、のんべんだらりとヴァリエーションが進んでいるように見えましたが、『アブストラクト』では身体を大きく使い、彼の身体能力の大きさとポテンシャルを感じさせてくれました。 次代を担うダンサーたちがプロフェッショナルなダンサーとして自立していけるようなバレエ界を目指しており、カンパニー名からも分かるようにバレエ芸術を日本・関西でも成熟させていくことを目指しています。 それはとても素晴らしいことだと思います。 気品があって美しく、白地に黒のレースの衣装がぴったりです。 山本 『ジゼル』は19世紀後半にマリウス・プティパが大きく改訂した部分はありますが、もともとはそれよりさらに前の時代に作られた古い作品ですよね。

>

日英のバレエ知って 元ダンサー、演出・振付家 山本康介(今治出身)初の著作|愛媛新聞ONLINE

滑らかでありながら、男性的な強さもあり好印象でした。 主人公を踊った長田佳世は、高比良洋と組んで、大人のそこはかとない情感を醸し出す。 バランスが極めて難しい曲にもかかわらず、身体のコントロールが上手く、ポジションも正確できれいです。 …(中略)…日本ではどうも上へ上へとの意識が強くて、両方に引き合うという意識がおろそかになっているのではないでしょうか。 最近は自らのインスタグラムでおこなうオンラインレッスンでも注目を集めていますね。 日本のファンにも馴染みの深いバーミンガム・ロイヤル・バレエで、長く活躍なさったダンサーです。 *また、公演時期に入場規制が緩和された場合、間引いたお席の販売を致しますので、あらかじめご了承下さい。

>

バレエの規範をも覆す逸材が登場 山本康介解説・ローザンヌ国際バレエコンクール2019

特に「我を許したまえ」の冒頭、で踊られるアクリ士門のソロが素晴らしい。 その目には、日本の現在のバレエ風土は、どのように映っているのでしょう? 山本康介さん(以下、敬称略):精神論の指導が多いですね。 子どもに、バレエのどこが楽しい?好き?と聞くと、スキップしたり、みんなで輪になって踊ったり、可愛いレオタードが着れたりするところで、芸能発表会で歌いながら踊れたことが一番楽しかったようです。 柔軟性を感じさせる踊りでしたが、もう少しシャープで強さがあればとも感じます。 ただ、大まかな組み立てや踊りの順番は変えていませんし、他版を踊ったことのある人でなければあまり違いに気づかない程度だと思います。 はじめは、音楽に合わせてリズムをとったり、スキップすることが上手くできなかったりしましたが、今ではスキップも上手になり、バレエで表現することの楽しさや難しさ、舞台に出ることの楽しさを実感できているように思えます。 定価:本体1800円+税。

>

『英国バレエの世界』著者・山本康介にインタビュー~次なる目標は「日本のバレエを世界へ」

それでいて『パキータ』らしい明快さも備えています。 さらに2021年度ATP入学オーディションも同時に開催いたします。 バランシンやへのオマージュを響かせながらも、オリジナルの強さを持つ。 なるほど!『ロミオとジュリエット』を観ていても、確かに主要人物の印象しか残らない…群衆のシーンでは、踊りよりもそれぞれの演技が、舞台に奥行きを与えている感じ… 山本さんは、マクミランはとにかく物語や主題を観客に伝えることを第一に考えるタイプの芸術家なのだと分析し、人間への興味と洞察力に根ざしたパ・ド・ドゥの魅力を讃えています。 この二人もそうですが、最近は柔軟な男性ダンサーが増えている気がします。

>

たまごリーナ

etc. Part. 彼の魅力は何よりも観客を惹きつけるカリスマ性です。 『グラン・パ・クラシック』ではジャンプの着地が若干甘かったものの、テクニック的に難しいヴァリエーションですから致し方ありません(こういうところ、私の基準は結構甘い)。 その先駆けとして、時代の一歩先をいくことをやろうとしている瀬島さんの勇気とバイタリティを、僕は応援したいと思っています。 バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の仲間との対談など盛りだくさんの一冊となっている。 お心当たりのある方は、 Ballet Company West Japan bcwestjapan gmail. 衣装は時折古めかしくなることもあるかもしれませんが、でも大体の作品は時代を乗り越えて人々の共感を得る普遍的なものです。

>

《東京》『ATP 冬セミナー2020』11月28日・29日に開催(講師:山本康介、マイケル・シャノン、中村恩恵)

ジョン・クランコ作品のみならず、さまざまな作品を踊ることのできる環境は彼に合っていると思います。 対角線の照明をベースに、スモークや微妙な明度の変化で堅固な空間を形作る。 若いダンサーには身体だけではない部分も養ってほしい」と述べています。 本当に日本のカンパニーのレベルがこんなにも高くなっているのだなとあらためて実感しましたし、ダンサーたちのエネルギーが素晴らしい。 また、マルコ・マシャーリによるウェイン・マクレガー『クローマ』のソロは、精神的で哀切な感じまであり、文句なしに素晴らしかったです。 。 20:00-21:30コンテンポラリーダンス:中村恩恵 イリ・キリアン振付作品『Whereabouts Unknown』の一部抜粋を学んでいきます。

>