アストロ クス 100zz。 【YONEX】ASTROX100ZZのスペック情報【アクセルセン使用モデル】

アストロクス100ZZ ヨネックス人気シリーズNEWモデル 予約受付開始!|名古屋市南区のスポーツ用品店スポーツスタジアムソブエ

手首で打つディンクショットのような打球はかなり打ちやすく、キレもあるように感じました。 以上、割と使いやすい上級者モデルではないかなというのが、素人目線の感想です。 【無料ガット】 1 ヨネックス BG66F(BG66F):キレのあるヘビースマッシュ。 ここからはアストロクス100ZZとアストロクス100ZXの 細かな違いについて解説したいと思います。 しかし、ラケットに慣れてしまえば、他に心配することは特になく、非常に扱いやすいラケットとなってくれるでしょう。 ラケットヘッドの重たい感じが欲しい人は3Uにした方がおすすめですね。 発売は2020年3月下旬となっています。

>

【楽天市場】【全品10%OFFクーポン】ヨネックス YONEX バドミントンラケット アストロクス 100ZZ ダブルゼット ASTROX 100 ZZ AX100ZZ:KPI

女性でも振れますが、連戦すると腕に疲労が溜まります。 ヨネックスのラケットのシリーズ最上位モデルは、今までラケットが重かったり、シャフトが硬すぎたりなど、かなり上級者向けのラケットが作られてきました。 前衛向けの「88 S」は、フレーム全体をしならせる事で球を掴んでコン性を向上させて決定力を高め、全長を幣社初採用の5mmロングにした事で操作性とパワーの両立を図りました。 それでは アストロクス100ZZのスペックを見ていきます。 ASTROX 100ZZのまとめ 以上、YONEXのASTROX100ZZの新スペック情報でした。 早いラリー展開ではアストロクス99よりも圧倒的に使いやすい。

>

アストロクス100ZZ ヨネックス人気シリーズNEWモデル 予約受付開始!|名古屋市南区のスポーツ用品店スポーツスタジアムソブエ

エクストラスリムシャフト アストロクス100ZZより太い• 皆さんこんにちは。 右図はスマッシュを打つ時のスウィングスピートの変移 緑の線 にNamdの特性を重ねて示したもので、蓄えられた力が一気に放出する仕組みを表しています。 たしかに、バックハンドで打つときに親指を添えて打つと、ショットを打ちやすいですが、ラリー中に握る位置をずらしたり、するのが難しく、活用できるようになるには少しなれる必要があると感じました。 実際はアストロクスシリーズ共通の「 ローテーショナルジェネレーターシステム」という、ラケットの重量配分によって、ラケットワークのしやすさを実現しているからだと思います。 操作性が高くなってスマッシュのノビも良さそうなので、どんなラケットに仕上がっているのか楽しみですね。 その影響か、方向のコンや、羽根を触るときのコンが 100ZZの方しやすい感じがしました。

>

ヨネックス アストロクス100ZZのレビュー評価・口コミ評判

ロブ・レシーブ グリップが長く、シャフトが短くなっているため、慣れるまでは少し打ちづらいです。 必ず保証書を添付してください。 ASTROX99と同様にラケットヘッドにも使われているので、シャトルのくわえ込みが良くなっていると推測できますね。 アクセルセン選手がYouTube動画でアストロクス100ZZについて語ってます。 ハイパースリムシャフトと呼ばれていますが、 ヨネックス史上最極細になっています。 ラケットの回転力を高めた設計なので、どのくらい操作がしやすくなっているのか楽しみです。

>

【評価】アストロクス100ZZを使用してみた感想

。 ハイパースリムシャフト ASTROX100ZZには新しく開発された YONEXの中で最も細いハイパースリムシャフトが使われています。 ラケットの取り回しもよくクロスのリターンも打ちやすく、しっかり振れるのでハイバックもシャトルが奥までしかり飛ぶ印象でした。 比較を簡単にまとめると アストロクス100ZZ• ソリッドフィールコア• 実際に4Uのラケットと持って比べてみると、アストロクス100ZZの方が明らかに重いですが、本当に3Uのラケットかと思うくらいに振りやすいです。 まとめ シングルスでは、オールラウンドな立ち回りがしやすいです。 新しいテクノロジーが満載で高スペックなラケットに仕上がってそうですね。

>

店舗ブログのページです。

新グロメットパターン• 今回は2020年3月下旬発売予定の「YONEX ASTROX100ZZ」です。 まずはこのラケットの特徴・性能から。 CAP」の特性を合わせ持ったグリップキャップといったところでしょうか。 ラケットをメーカーに送り、メーカーで無料交換または有料交換(定価の6割)を 判断します。 ヨネックスのラケットセレクターを見てもヘッドヘビーのシャフト固めで表記されているが思ったよりもシャフトがよくしなる感覚。 ビクター・アクセルセン選手(デンマーク)山口茜選手(日本)も使用していて、 今年で110回目の開催となった『ヨネックス全英選手権』(Super1000)の男子シングルスでアクセルセン選手がアスロクス100ZZを使用して 優勝しています。

>