ロイター。 企業情報

企業情報

子会社には、1969年に設立され、30か国以上の顧客に株式取引と調査サービスを提供するインスティネットInstinet社、94年に買収し96年2社に分社したティブコTIBCO社、1982年設立のロイター財団(1999年現在の基金は約300万ポンド)がある。 このうち17人が同社を解雇されるか、自主的な退社を余儀なくされた。 48 ()• 2020年11月24日閲覧。 訴状によると、この元編集者は会社側から面談で解雇を警告され、「スクープ記事を今後、3週間に1本以上書く」「常に、手直しの必要のない完全原稿を出す」などの勤務目標を示されたという。 2019年3月に社名をリフィニティブ・ジャパン株式会社に変更。 2020年11月24日閲覧。

>

ニュース

7月、リッパー・アナリティカルを買収。 組織再編と事業売却 [ ] 統合後の第1段階として、旧トムソンと旧ロイターの事業は以下の2部門に再編された。 人員削減 [ ] 同社は業績不振が続く金融・リスク部門を中心に人員削減を進めている。 しかし、記者から接触を受けたコーエンが記事のことを知り、知人であるトムソン・ロイター・マーケッツのデビン・ウェニグに直接クレームを付けたところ、同記事は配信されなかったという(ロイターニュースの編集長は、その件でウェニグから電話をもらい、部下の編集者に対処するように命じたことを認めている )。 このためテリトリーとなる極東には( - 、 - 長崎)が上陸してすぐに、幹部を派遣して視察している(支局については不明な点が多い)。 Reuters Archive Record.。

>

トムソン・ロイター

概要 [ ] 人のが設立したイギリスの報道および情報提供企業。 旧ロイター(アメリカ法人)が、合理化策の一環としてにあったウェブ向けの編集拠点(ウェブデスク)を閉鎖した際に他拠点への異動を拒否した2名の編集部員に対して解雇予告を行ったことは不当労働行為に当たるとしてこの2名が加入する労働組合(Newspaper Guild)は同年1月、労働関係委員会に裁定の申し立てを行った。 2017年、トムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社のもとで事業を展開していた法律部門および税務・会計部門を統合し、社名をトムソン・ロイター・ジャパン株式会社に変更。 - カタログ. 税務・会計 - 旧トムソン・タックス・アンド・アカウンティング 上記のうち、旧トムソン・ヘルスケアの事業は2011年6月に売却する方針が決められ 、2012年6月に投資ファンド「ベリタス・キャピタル」に現金12億5000万ドルで売却される取引が完了した。 1985年(昭和60)には子会社のロイター・ジャパンを設立、新聞社や放送局に情報提供業務を行っている。 トムソンにとって「ロイターの買収は2大メディアグループを統合することで、金融ニュースと情報の一大発信源を作り出すのが目的だった」が、「2グループの統合はいまだ期待されたすべての恩恵をもたらすには至っていない」と評価されている。 トムソン・ロイター・ジャパン株式会社から切り離されたロイター・ニュース及びメディア事業を承継。

>

企業情報

イギリス法人の旧ロイターリミテッドで1993年から派遣会社を通じて従事していたレイモンド・フランクが、にいわゆる「派遣切り」に遭ったことは不当解雇にあたるとして損害賠償金と解雇一時金の支払いを求めて同社を相手取り、労働審判手続きを申し立てた。 1925年には、地方紙が組合組織として1868年に設立した通信会社プレス・アソシエーション(PA)によってロイターの株式の過半数が買い取られ、41年にはロンドンの新聞発行社協会がPAと所有権を折半するようになったため、ロイターは組合組織となった。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 批判 [ ] 複数のインターネットメディアから、ロイターニュースは投資家に都合の悪いニュースをボツにすると指摘されている。 歴史 [ ] ロイター通信社 [ ] 系ドイツ人のポール・ジュリアス・ロイターはフランスのアヴァス通信社(現・)で通信社の経営を研究した後、に移り「正確かつ迅速」なニュースの集配で信用を築き上げる。 ジャーナリストのモラル [ ] ロイターニュース日本語サービス前編集長は6月に大阪市内で、業者であるが主催した投資セミナーに出向いて講演していた。

>

ロイター通信とは

ロイターニュースの編集倫理要綱(ハンドブック・オブ・ジャーナリズム)は、同社に所属するジャーナリストの独立性について「社員は、事前に上司から許可を得た場合を除いて、社外で報酬を伴う仕事に従事してはならない。 45 ()• 3 ()• 金融情報・報道部門は引き続き「ロイター」ブランドを使用し、ロイターのの独立も維持されるとしている。 訴訟 [ ] 株式会社は2012年12月4日、ロイターの記事で損害を受けたとして、トムソン・ロイター・コーポレーションと同社の記者・編集者3人に対して2億円の損害賠償を請求する訴訟を東京地裁に提起した。 関連項目 [ ]• 当初は財界が対象であったが、1860年代までにロイターは、電報会社に依存して内外の通信供給を受けていたロンドンの新聞界にも外信を配信するようになった。 しかしに入り経営が再度悪化して経営改善のために経済ニュースや金融情報サービスの強化に取り組み、ついには社内の大半の反対を押し切って為替取引の仲介業務にも参入。

>

ニュース

50 ()• 資本金1億円、従業員数約500人(1999)。 27 ()• 契約時期は不明。 本件情報を無断で再配信することは禁じられております。 この件を当局に内部告発し、同社からされた元同社従業員は、2013年4月「解雇されたのは報復のため」として同社を提訴した。 法務(Legal)• 同年、ベルギーのブリュッセルとの間で伝書鳩 でんしょばと を使った株価情報のやりとりをする通信会社をパリに創設し、翌50年にはブリュッセルに移転。 トムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社 - 12月1日に設立された旧トムソンコーポレーション株式会社が母体。 日本法人 [ ] 日本法人としては、旧トムソンの日本法人と旧ロイターの日本法人がそれぞれ社名を変更して存続している。

>

トムソン・ロイター

朝日新聞社 『ロイテル電報料金分担契約証書』 1901年6月15日付の公正証書• 出典 [ ]• 13 ()• 29 ()• 金融・市場• 『新聞総覧』大正7年版「株式会社日本電報通信社発展史実」によれば、が「創立後間もなく倫敦ルートル社と特約を結」んでいる。 法務 - 旧ノース・アメリカン・リーガル及びリーガル・アンド・レギュラトリー• 国内株式関連の情報は約20分遅れ、海外株式関連の情報は15分以上の遅れで表示しています。 これに対し、の広報担当者は「報道には自信がある」とコメントしている。 ロイターは日本の財政と商業の必要に応える。 56 ()• 42 ()• この一件について、トムソン・ロイターの広報担当者は「単に編集上の判断に基づくもの」とコメントしている。 [伊藤慎一・上川孝夫] 『倉田保雄著『ニュースの商人ロイター』(1996・朝日新聞社)』. トムソン・ロイターでは各部門で、才能と意欲にあふれた多くの仲間が活躍しています。

>