キャベツ ごま 和え。 黄金コンビで作り置き!「キャベツとツナのごまみそ和え」

黄金コンビで作り置き!「キャベツとツナのごまみそ和え」

おはようございます^^ 今週も、木曜日がやってきました。 冷蔵庫で5日保存出来ます。 ともに切った後にさっと水にさらし、しっかりと水けを切っておきます。 ごま油を加えて香りが出てきたら、Aを加えて炒め合わせる。 こういったことも、いつものごま和えをよりおいしく仕上げる要素となってきます。 野菜の下ごしらえをする 今回は 「オクラ、いんげん、スナップエンドウ、ピーマン」の4種の野菜に、 「生姜、みょうが」の薬味を混ぜ合わせます。

>

ごま和えを美味しく仕上げるレシピのコツ・工夫:白ごはん.com

ツナ・・・150g• インスタグラム ・・・パンの日が多い、ワンプレート朝ごはん。 ごま和えを美味しく作るコツ 旬の野菜を単品、もしくは複数取り合わせて、香ばしい炒りごまを和えることで、野菜そのものを美味しく食べようというのがごま和えの基本となる考え方です。 ごま油・・・大さじ1• 4)キャベツの水分を絞り、(3)と混ぜ合わせる。 野菜の切り方は基本的にひと口大でOKです。 ごま和えに適した野菜は 「いんげん」「ほうれん草」「小松菜」「春菊」などの定番の野菜はもちろん、春夏なら 「オクラ」「ピーマン」「スナップエンドウ」「キャベツ」「ミニトマト」「ズッキーニ」「そら豆」、秋冬なら 「里芋」「長芋」「にんじん」「ブロッコリー」「れんこん」「じゃがいも」「ごぼう」などの根菜類など、いろいろとあります。 オクラは切ってからゆでると水っぽくなりやすいためです。 また、薬味を入れることでさわやかな風味をプラスすることができるので、ぜひ一度試してみてください。

>

黄金コンビで作り置き!「キャベツとツナのごまみそ和え」

また、みょうがは小口切りでも、せん切りでもどちらでもOKです。 あれ、憧れです。 2)ツナの油分や水分を切る。 。 3)フライパンに油をひかずに、(2)のツナを加えてしっかり炒めて水分を抜く。 生姜は細いせん切り、みょうがは小口切りにしました。

>

黄金コンビで作り置き!「キャベツとツナのごまみそ和え」

Aみりん、白ごま・・・各大さじ2• しかも、ごまはいろいろな野菜と相性がよいので、「えっこれもごま和えにしていいの?」という野菜でもおいしいごま和えに仕上がることも。 仕上がりが水っぽくならないように、切ってからゆでたほうがいい野菜なのか、丸のままゆでた後に切ったほうがいい野菜なのか、 それぞれの野菜に合わせて下ごしらえをすることも大切です。 あれは、余裕のある大人の女のセリフですよ。 全国的に、梅雨入りした・・のか?私の住む関西は、すっかり梅雨入りしました。 それでは、今週の作り置きです。

>

ごま和えを美味しく仕上げるレシピのコツ・工夫:白ごはん.com

和えたあとにすぐなじんくれるので。 ここでは春夏野菜をいろいろと取り合わせた、ひと手間かけただけおいしくなってくれるごま和えを紹介したいと思います。 5cm幅に刻み、耐熱の器に入れて塩を振り600wのレンジで3分加熱する。 。 。 。 。

>

黄金コンビで作り置き!「キャベツとツナのごまみそ和え」

。 。 。 。 。 。 。

>

ごま和えを美味しく仕上げるレシピのコツ・工夫:白ごはん.com

。 。 。 。 。

>

ごま和えを美味しく仕上げるレシピのコツ・工夫:白ごはん.com

。 。 。 。 。 。 。

>