心 は 進化 する よ もっと もっと。 ケンコバ 医療態勢の逼迫に「もっとアナウンスして我々が実感するようにならないと」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

書評 「心の進化を解明する」

文化進化の理論モデルはしばしば経済学的モデルを基調にしている.これは感染力の強いがらくたの分析には向かないが,人間文化の中の宝石とされる部分(音楽や美術など)をうまく説明できる.そこにはインテリジェントデザインの産物が豊富に含まれる.しかしその背後には無駄の多い探索による二級のデザインや失敗作が大量に存在する.つまり一見トップダウンの世界であっても,そこにはミームの競争が常にあり,理解力に幅のある宿主が存在し,理解力自体が淘汰にかかる.理解力を背景にした複雑な競争が主流になるにつれてダーウィン的なミーム進化は背景に退いていく.• 本書全体における私の主張は,進化の視座とミームの視座が意識や意味という永遠の難問に思えた問題の多くを変形させるということだ. <文化進化はラマルク主義的進化である(だからダーウィン主義のミーム学は当てはまらない)という批判>• このような競争において(宿主たる)我々は相手が理由を理解しているという仮定を前提にし,志向姿勢をとるようになる.これはミーム学の放棄ではない.むしろミームの侵略により,我々の心が変容させられたと理解すべきなのだ, ここでデネットはピンカーによるミーム懐疑論に反論している.ピンカーは「文化進化には現実にデザイナーが存在している」ことを持ってミーム論に懐疑的なスタンスをとっている.デネットはピンカーが示した「機知」による創造の背景にも膨大でかつだらだらと続く変異の最終産物的な側面があることを指摘している.(ここでは「フランケンシュタイン博士の創造したショイクスピアが書き上げたスパムレットの作者は誰か」という思考実験があって面白い)• まずは、平野さんの最新作である『本心』という小説のお話から。 人々がVRゴーグルをつけて、仮想現実の世界で過ごすのが当たり前になっている世界。 ピンカーとジャッケンドフは力強く反論した.彼等はかつてのチョムスキーの体系を併合で乗り換えられるという主張は虚偽(あるいは空疎)であるとする.逆に併合動作は文法の初期の形態であり,後の文法ミームの祖先だと見なせるし,併合そのものが大躍進でも跳躍でもなく(自然淘汰による進化によればそうであろう)漸進的に発展してきたものと推測できる(つまり併合を扱う認知能力の起源についてもチョムスキーのようなスカイフック的な説明をする必要がない).• 神秘論者の別の問題点は,その理解力の制限は単一の人間の心を問題にしているのか,文明全体に蓄えられた理解力を問題にしているのかについて曖昧であるところだ.現代の科学の営みは,先人の知恵の上に乗り,各専門分野から集まったチームによって行われることが増えている(ここではワイルズによるフェルマーの定理の証明の例が取り上げられている).そして自らの証明の正しさは,複数の思索者が異なる経路を通って同一の誤った結論に至ることはありそうにないという見通しに依拠しているのだ.• グライスは浮遊理由の発見のためにリバースエンジニアリングを行い,その説明のための方便として(行為者に理解力があることを前提にする)志向姿勢という用語にたどりついたと考えるべきなのだ.日常言語を使用するにあたって,そのオプショナル機能(操作,欺瞞など)の理由をすべて理解している必要はない.• 柔らかい心のほうが、大きな可能性を秘めています。 チョムスキーは後に自己の立場を修正し,ミニマリストプログラムを擁護するようになった.彼の議論は併合(merge)を扱う認知的才能だけで言語獲得が説明できるというものになる.• 変化はあなたのすることではなく あなたが任せることだ。 ケンコバは「前回の緊急事態宣言直前に比べてこういう番組とかで医療現場の人の声をもっと聞かせてほしいというのがある。

>

書評 「心の進化を解明する」

ハーフォードはこれらの可能性について包括的な分析を行っている.彼の議論のいいところはそれが何のためにあるのかという問いを自覚していることだ.• 大好きな映画を見る 美味しいものを食べる カフェでまったりするなど あなたが心からホッとできる時間を作ってみてください。 進化は生物にその生物のアフォーダンスに対して適切に反応できるようにする.これが理解力なき有能性だ.そしてそれらが当該生物にとって「どんな感じのものか」については完全に不可知論の態度をとり続けることができる.• これはミーム批判者には人気のある説明だ.そして背後にある混乱と自暴自棄的心情を垣間見せるものだ.• 柔らかい心は、強い心より大切です。 同じ土俵で競うのではなく 次々に変化し土俵を変えていくことが評価されるのである。 迷いの答えも、実はあなたの心は知っています。 メールや写真から、故人をAIで復元することはできる? 加藤 本日は芥川賞作家の平野啓一郎さんと、人工知能(AI)研究の第一人者である松尾豊さんをゲストとしてお招きしました。

>

進化するAIは「人間の脳」に近づいているのか、人工知能研究の最先端に迫る

そもそも制御できない変化であれば あれこれと頭を悩ますのは時間ムダです。 これによりヒトの言語は音声に関する優れた組み立てブロックを得ることができ,音韻論と意味論が辞書に組み込まれたのだろう.• 人間の体には本能的にホメオスタシスが備わっています。 言語がヒトのみにあるというのはこのような稀な一連の閾値条件の連鎖があったからなのだろう.• 平野さんは文学、松尾さんはテクノロジーと、アプローチの方向が違う。 そんな環境の変化は、時に成長を促進する。 並列と直列の違い:脳の視覚系などには確かに並列的な経路を利用している.しかし意識を含む最も驚異的な脳の活動は直列的なものが多い.そのような活動においては脳は並列的なアーキテクチャーの上で直列マシンをシミュレートしていると考えるべきである.• 強い心より、もっと大切な心があります。 言語はソフトウェアに似ている.言語を獲得することは,プラットフォームに依存しないJavaアプレットの実行環境を実現させたJVM(Java virtual machine)と同じように,誰の脳にも同じアイデアを取り扱うことができる(例えば)EVM(English virtual machine)を話者の脳にインストールしたのと同じなのだ.ミームはJavaアプレットと同じようにEVMの上で競争し,記憶されやすい勝利者のみが生き残っていく.そしてこれはさらに,指示を聞き,理解し,それに従うための認知的な技術(書き言葉,算術,貨幣,暦など)の基礎になる.• 子供の心の温度を常に感じていたなら 小さな変化にもすぐ気づくはず。

>

進化するAIは「人間の脳」に近づいているのか、人工知能研究の最先端に迫る

デカルト的な心身二元論は,「その『心と体の相互作用』が物理法則に反せずに可能とする説明が不可能である」という問題にも関わらず,一般の間では根強い人気がある.その1つの理由は自由意思と責任はどうなってしまうのかという道徳的な懸念だ.• ではヒトの理解力が理解力なきニューロンの活動からいかに生まれるのか.ヒトに独特なのは自らの行動をあとから正当化することだ.それは頭が文化が生みだしたミームで埋め尽くされていく過程で獲得されたやり方であり,特に重要なのが自己非難,自己批判の習慣だ.我々は人生の諸問題にあらかじめ解決を与えるために事前に計画を練り,議論し,自省し,理由を吟味するという習慣を学ぶ.ヒトは自分の未来の行為をデザインするために思考道具を使うのだ.• ホメオスタシスを日本語に訳すと 恒常性維持のこと。 1.変化を制御できるかどうかを考える 変化と一口にいっても、内容はさまざまです。 人類がミームに感染するようになった当初から,相利共生体,片利共生体,寄生体などの様々なミームが存在しただろう.• このような有能性はどのように脳内に根付いたのか.大部分は不明なままだが,語や文のような言語的対象,世界にある対象,その関係というアフォーダンスの結合による「概念」の誕生が重要だったのかも知れない.それが所有や,同一性や相違性などの認識を可能にする.• 西村康稔経済再生担当相は25日の新型コロナウイルス感染症対策分科会後の記者会見で、医療態勢の逼迫が懸念されるとして、集中的な感染対策が必要だと強調し「感染が抑えられるか、大事な3週間になる」と述べている。 変化を受け入れよう!今よりももっと成長するための名言 それではさっそくチェックしていきましょう。 ミームからの視点は様々な二重継承モデルに有益な修正を加えることができる.ミームは脳に適応するために進化し,脳はそれに対して遺伝的ハードウェアを調整するという共進化過程が進行する.そして文化的ハイウェイが出現し,寄生体との軍拡競争を行いながら文化進化が進行する.しかしこのような文化進化が肥沃なものとなるためには環境可変性の閾値条件が存在する.• 脳のパラメータ数のほうが圧倒的に多い 加藤 作品内では、バーチャルフィギュアを作る業者がいて、そこに主人公がお母さんの書いたメールや写真、動画などのデータを提出するんですよね。 理解力なき有能性は動物と同じく人間生活にも至るところに見られるが,我々はこの可能性を見逃し,ヒトの行動を理由の自覚的評価に帰属させ,志向姿勢を用いる傾向がある.• ここまでの説明は,自然淘汰的になされる研究開発が漸進的にクレーンを創り出し,それが将来のクレーンのためのデザイン空間を切り開き,トップダウン式で理由設定を行う研究開発がなされるようになるインテリジェントデザインの時代への上昇についてのものだ.このようなクレーンのカスケードは進化の過程が生みだした自然の産物なのだ.(ここでデネットなこの過程をもう一度振り返って簡潔に再解説している.バイオテクノロジーやナノテクノロジー,音楽,進化的学習のアルゴリズムの分類と万能学習アルゴリズムの夢などの様々なトピックが取り上げられていて面白い)• 柔らかいとストレスを受けにくくなります。

>

変化を受け入れよう!今よりももっと成長するための名言を紹介します

言語にはなぜ音素戦略と形態構文論という2つの構築体系があるのか.前者は音声制御,聞き取り,記憶という制約に対処するためにあり,後者はコミュニケーションの生産性のためにあるということになる.このような体系性と生産性への道において,聴覚的ミームにとっては自分と競争者をはっきり区別し,発音習慣を利用することがメリットになり,宿主にとっては記憶と発音における負担を最小限にすることがメリットになる.• 目の前にある変化が あなた自身で制御できるのかどうかを考えてみてください。 柔らかい心があれば、思うようにいかないことがあっても平気です。 I'm just crying because of you Hey let's go! それをもっとアナウンスして我々が実感するようにならないと。 理解力なき有能性が文化進化過程でも生じることを明瞭に示したこと• ウィルソンはすべてのミームが寄生的であるかのように印象操作し,だから宗教のように人々の利益になっているかも知れない現象をミームで解釈できるはずがないとミーム的視点をとることを拒否している. デネットはここで,ほとんどのミームは相利共生的であり,我々の適応度を増進させる補助装具となっていることを強調する.しかしいったん相利共生的文化のための下部構造がデザインされると,それにつけ込む寄生的ミームがそれを悪用するリスクは生じる.それはちょうど有益な目的のために素晴らしくデザインされたインターネットにスパム,ポルノ,ネコの写真があふれるのと同じだ.そして「ライバルより多くの子孫を残そうとするよりももっと重要なことが人生にはある」というかなり優勢なアイデア自体,生物学的な適応度とは相容れないアイデアであり,そのようなアイデアが優勢であることが我々を他の動物とは大きく異なるものにしていることの明白な証拠になる.つまり我々は説得されることが可能であり,(浮遊理由ではない)私たちに表象された理由によって動かされることが可能なのだ. では理由を表象できる能力はいかにして進化できたのか.ヒトの推論のリサーチが示しているのは,推論技能は世界を正しく認識するためではなく,他者を説得するために磨き上げられたものだということだ.デネットはこれはそれに先立つ言語使用の技能に依存しているはずであり,共進化的な過程が関与したはずだと考察する. <ミームは「離散的かつ信頼性のある方法で伝達される」とされているが,文化的変化の多くはこれに当てはまらないという批判>• ダニエル・デネットは進化生物学,認知科学に関する科学哲学者であり,これまで「解明される意識」ではデカルトの心身二元論などの「意識をほかの生理的現象とは異なる特別なものとして説明しようとする立場」を徹底的に否定し,「ダーウィンの危険な思想」でダーウィニズムを鮮やかに解説し,自然淘汰が心や意識を作ったのだという主張を行っている.このような考え方は「自由は進化する」「スウィート・ドリームズ」「思考の技法」などの著作でも展開されている.本書はこのような考察の集大成のような書物であり,いかに意識や理由を求める心がヒトに現れることになったのかについての考察が展開されているものだ.原題は「From Bacteria to Bach and Back: The Evolution of Minds」 第1章 序論 言語,文字,算術その他をはじめとする思考道具満載のヒトの心はどのように存在するようになったのか.デネットは「進化の産物である心が数々の思考道具を創り出し,それを用いて心がいかに進化したのか,心が何者であるのかを知るようになった」というのが答えであるが,その細部には衝撃的な含意がいくつかあり,自分は50年以上それを理解することに取り組み,ついに錯綜した藪や沼地を通り抜ける1つの道を見つけたのだという.本書はその道筋についての本になる, 序論ではいくつかのテーマが取り扱われている.• 変化による破壊から体や精神と守るためです。 この批判はミーム論は既知の結論の異なるフレームからの再解釈に過ぎない(つまり車輪の再発明に過ぎない)という意味だ.• 最後に変化を素直に受け入れるために できることを紹介します。 この批判はミーム概念の要点をとらえ損ねている.構造や器官の適応についても遺伝子により直接説明することはできない.それを行うには分子生物学,生理学,発生学その他のあらゆる生物学の専門分野が必要になる.同じようにミームがどのような文化的特徴を生むのかを説明するには心理学,人類学,政治学,経済学その他の学問分野を必要とするのだ.進化がすべての生物学の分野に意味を与えるように,ミーム学の枠組みはこれらの諸学問分野に意味を与えることができるだろう.• ミーム自体に適応度があるという理解を可能にしたこと• デレク・ビッカートンは「不在対象の指し示し」を重要視し,これは自然淘汰で到達する性質を越えて強力だとし,それを語と語が元で生じる神経科学的過程の共生的発明品であると説明する(これによるメリットはサバンナでの対決的腐肉食者にとってのものだとしている).ビッカートンはミームに懐疑的だが,これはまさにミーム的な議論だ.• これはリチャーソンとボイドの立場だ.またスペルベルはミームは文化的伝達のごく一部を表しているに過ぎないという理由でミーム論を斥ける.• 現象は同じなのに 「もある」と思うか 「しかない」と思うかは、その人の見方次第。

>

変化を受け入れよう!今よりももっと成長するための名言を紹介します

強い心も頑丈でストレスに強いですが、限界を超えると、ぽきっと折れてしまいます。 いったん自分自身を受け入れたら あなたは変化への扉を開けたのだ。 子どもの言語獲得は明示的な規則というよりも「話すためのやり方」の奥深くに組み込まれているパターンの獲得と考えるべきだ.プロト言語が成功し,それへの応答として文化遺伝的な進化が進み,その集成として「話すためのやり方」ができあがったのだ.ヒトはこの素晴らしくデザインされたシステムの無自覚な受益者なのであり,理解力なしの有能性のまた別の事例である.• 限界を超えると、ぽきっと簡単に折れます。 進化はほぼ絶対にないものを増幅することに依存する過程であり,原核生物から真核生物などの革命的変化をも可能にする.•。 変化を素直に受け入れるためにできること ホメオスタシスの影響で 変化を素直に受け入れらない人は どうすれば良いのでしょうか。 また松尾さんとは、2017年に東京大学松尾研究室の「」を受講したご縁があります。

>