新型 コロナ 緊急 包括 支援 交付 金。 新型コロナウィルス感染症緊急包括支援交付金の概要について

静岡県/医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業(支援金)の事業概要を御案内します。

今回の慰労金・支援金は、会計検査院の検査対象となります。 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護分)(国2次補正)の実施 静岡県では、介護サービスが新型コロナウイルスに感染した場合の重症化リスクが高い高齢者に対する接触を伴うという特徴を踏まえて、最大限の感染防止対策を講じながら介護サービスの継続に努めていただいた介護従事者等の皆さんに慰労金を給付するとともに、介護サービス事業所・施設等が、今後の感染拡大に備え感染症対策を徹底しながらサービスを提供する取組等を支援しますので、是非、早期の執行をお願いします。 1 共通して触れる部分の定期的・頻回な清拭・消毒などの環境整備 2 受付・投薬台等のアクリルパーティション・ビニールカーテンの設置 3 発熱等の症状を有する新型コロナウイルス疑いの患者とその他の患者の混在予防のための、動線区別用パーティションや床シールの貼付け 4 情報通信機器を用いた調剤・服薬指導体制などの確保のための機器の導入 5 感染防止のためのマスク、フェイスシールド、手袋、消毒液、非接触体温計などの購入 6 感染防止のための白衣、エアコンのクリーニング 7 HEPAフィルター付空気清浄機購入等換気対策 8 代金決済システム(初期導入費、ランニングコスト、手数料等) 上記の例を見ると、消耗品から情報通信機器(タブレット)や、代金決済システム(クレジット導入)なども対象の該当であることがわかります。 どちらを選択しても、原則として勤務していた事業所等から勤務期間の証明が必要になります。 介護施設等 介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設、認知症対応型共同生活介護事業所、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅 注1. 衛生用品等の感染症対策に要する物品購入費用• 国の情報等 厚生労働省からの通知文等をお知らせします。 )や、当該感染施設等に対し職員を派遣した事業所・施設等(以下、「応援職員派遣施設等」という。 原則、同一様式での申請をお願いします。

>

「介護サービス事業所・施設等における感染症対策支援事業等及び職員に対する慰労金の支給事業」について

5 県にて実績報告書等を審査の上、交付確定通知書を申請者(法人等)あて郵送 6 (精算額が支払済額を下回った場合)県から申請者(法人等)あて納入通知書を郵送 7 申請者(法人等)が納入通知書で超過交付額を返還(精算) 8 消費税額の確定に伴う消費税仕入控除税額等報告書の提出と超過交付額を返還(精算) (2)個人が慰労金の申請をする場合 個人で申請できるのは、原則として、現在、介護サービス事業所及び施設等に勤務していない方に限ります。 の条件に該当する方が慰労金の対象となります。 是非、皆様の事業継続のためにもご利用をお勧めします。 オンライン請求・Web申請が困難な場合は、電子媒体(CD-R等)を国保連へ郵送してください。 介護分• 【申請時に提出は不要だが、作成・保管が必要な様式】• ) (2)支援の対象となる取組 令和2年4月1日以降に以下の取組を行った場合に、当該取組に係る経費が支援の対象となります。 なお、 委任状は事業所・施設において保管するものとし、県または国保連へ送付する必要はありません。

>

新型コロナウイルス感染症に係る介護従事者への慰労金・介護事業所等における感染症拡大防止等支援事業について

現在、介護サービス事業所・施設等にお勤めの方 原則として、お勤めの介護サービス事業所・施設等を運営する法人等が、一括で慰労金の交付に関する補助金の交付申請書等を提出し、当該法人等から慰労金を受け取ることとなります。 支援金について 薬局における感染拡大防止等支援事業として、以下の対象経費が支援金として認められています。 申請方法 神奈川県の電子申請システムにより提出してください。 衛生用品等の感染症対策に要する物品購入• 提出前に今一度誤りがないかご確認いただきますようお願いします。 助成金の内容は以下3つに分類されます。 )において通算して10日間以上勤務した者 イ. 熊本県新型コロナ慰労金・支援金受付窓口 宛• 「利用者との接触を伴い」かつ「継続して提供することが必要な業務」に合致する状況下で勤務• ) (2)支援の対象となる経費 令和2年4月1日以降に行った感染症防止のための環境整備が支援の対象です。

>

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金 | 保健福祉部健康安全局地域保健課

ウ 新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関開設設備整備事業• ただし、8月は24日から受付開始。 事業概要 1.介護サービス事業所・施設等における感染症対策徹底支援事業 介護サービス事業所・施設等が、感染症対策を徹底した上で、介護サービス等を提供するために必要となるかかり増し経費を助成する。 区分 支払方法 電送等により国保連に交付申請書等を提出した事業所(1(1)の表を参照) 事業所番号ごとに国保連の登録口座に振り込みます。 留意事項• (静岡県国民健康保険団体連合会(以下「国保連」という。 ・医療分の支援金ついては、のページをご覧ください。

>

神奈川県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援補助金(医療分)について

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護分)補助金について 介護サービスが、新型コロナウイルスに感染した場合の重症化リスクが高い高齢者に対する接触を伴うサービスであるという特徴を踏まえ、最大限の感染症対策を継続的に行いつつ、必要なサービスを提供する体制を構築するための支援を行います。 医療機関や事業所等において、対象者を取りまとめの上、申請していただきますよう御理解、御協力をお願いいたします。 令和2年8月26日、よくある入力誤り事例をもとに、を掲載しました。 6 申請方法 介護報酬を請求している事業所・施設等の申請書の提出は、国保連合会の「電子請求受付システム」を活用したオンライン申請により行います。 令和2年8月14日、介護予防・日常生活支援総合事業向けの様式を掲載、また、県への直接申請(個人)用の、交付申請書及び口座登録申出書のPDF版を追加しました。 介護保険法指定事業所・施設(国保連への介護報酬の請求が可能な事業所・施設)分 県国民健康保険団体連合会の電子請求受付システムにより申請します。 追加書類の提出• 1 県(福祉指導課、以下同様)に郵送で交付申請書等を提出 2 県にて交付申請書等を審査の上、交付決定及び確定通知書を申請者あて郵送 3 県から申請者に交付金(慰労金)を支給 2. なお、 1人について1回に限るため、医療機関や障害福祉サービス事業所・施設を含め、他の事業所・施設等での勤務について、慰労金を受け取る人は対象となりません。

>

静岡県/医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業(支援金)の事業概要を御案内します。

) ただし、オンライン申請が困難な場合は、郵送による申請も可能です。 都道府県によって、支給対象に差異があるかもしれませんが、徳島県のホームページには薬局における感染拡大等支援事業のご案内として具体的な例が記されておりました。 この事業の対象にならない場合でも、感染防止対策に必要な経費は「介護サービス事業所・施設等における感染症対策支援事業」等の対象になります。 〇申請方法 以下のものを郵送してください。 ) ・実績報告は、交付申請・交付決定の単位ごとに行ってください。 「連携を行った」とは、1回以上電話等により連絡を行ったこと (3)支援額 支援の額は以下のとおりです。

>